趣味&興味

依存を抜け出す方法!「デジタルデトックス適性度診断」

10309 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホやパソコンなど、デジタル機器が周囲にあふれているなか、IT依存症みたいな状態になっている人も少なくないようです。
ネット環境がなければ数時間で禁断症状が出る人も多いそうですが、あなたは大丈夫でしょうか?

ITへの依存状態から脱却する方法として、デジタル機器を自分から遠ざける「デジタルデトックス」が注目されています。
デジタル機器に数日間ふれないことで、依存状態をやわらげるというものですが、デジタルデトックスに挑戦しても、心が安らぐどころか、ITにつながっていないことで不安になったり、イライラしたりする人もいるでしょう。

この診断では、あなたのデジタルデトックス適性度をチェックすることができます。
デジタルデトックスに挑戦したいと思っている人は、あらかじめ傾向と対策を見ておきましょう。

(☆他の「依存診断」は、こちら
(☆他の「適性診断」は、こちら

依存を抜け出す方法!「デジタルデトックス適性度診断」

依存を抜け出す方法!「デジタルデトックス適性度診断」

Q1. 友達からもらったメール、どんなタイミングで返すことが多い?

  • 基本、即レス
  • ヒマなときにまとめて返す
  • 余裕があるときはすぐに返すが、忙しくなるとたまりがち
  • 上記以外

Q2. あなたはどんなスマホを使っている?

  • 最新のスマホ
  • ちょっと古いスマホ
  • けっこう古いスマホ
  • まだガラケー
  • 上記以外

Q3. あなたがネット関係に使っている時間は、1日平均どれくらい?

  • 1時間以内
  • 1〜2時間
  • 2〜3時間
  • 3〜4時間
  • 4〜5時間
  • 5〜6時間
  • 6時間以上

Q4. あなたはせっかちなタイプ? それとものんびりタイプ?

  • せっかちタイプ
  • のんびりタイプ
  • 超せっかちタイプ
  • 超のんびりタイプ

Q5. 過去1ヶ月で、一度もネットに繋がなかった日はどれくらいある?

  • いっぱいある
  • 数日ある
  • 1、2日ならある
  • 1日くらいはあるかも…
  • 全然ない

Q6. あなたは食事中にスマホをイジるタイプ?

  • しょちゅうイジっている
  • よくイジっている
  • たまにイジる程度
  • まったくイジらない

Q7. 自分の「ハマりやすさ」を5段階で自己評価すると?

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

依存を抜け出す方法!「デジタルデトックス適性度診断」

依存を抜け出す方法!「デジタルデトックス適性度診断」

結果発表
デジタルデトックス適性度!デトックスの必要がない原始人タイプ

あなた別にネットがなくても、ぜんぜん平気なタイプのようですね。世の中、ネットが切断されると数時間でイライラしてくるようなIT依存に陥っている人も少なくありませんが、あなたはマイペースを崩しません。むしろ、面倒なネットのやり取りから解放されて、スッキリした気分になる場合もあるでしょう。デジタルデトックス適性度は当然高く、むしろデトックスする必要すらないかもしれません。
このタイプはものぐさなところがあり、デジタル機器の面倒な設定も嫌いなら、即レス前提のネット特有のコミュニケーションも苦手です。ただ、現代社会に生きる以上、デジタル機器やITを完全に遮断することはできません。あなたの場合、デトックスというより、デジタル機器とうまく付き合う方法を探るのがいいでしょう。



最初からプレイする

結果発表
デジタルデトックス適性度!ほどよい距離感のバランス良好タイプ

あなたのデジタルデトックス適性度は、まずまず高い数値が出ているようですね。人並みにデジタル機器やIT環境に触れはしますが、それがなくなると困ってしまう…ということはないと思います。世の中、スマホを家に忘れると不安で仕方がない…という人もいるようですが、あなたの場合、余計な荷物が減ったと、かえって身軽に感じるのではないでしょうか。
このタイプは、周囲から「時代遅れ」なんていわれることもありますが、自分なりの価値観を大事にしていて、どんなときでもブレません。ネットの空気や価値観に左右されがちな現代社会のなかで、きちんと自分らしく生きているといえるでしょう。ただ、仕事をはじめ、どうしてもデジタル機器をどっぷり使うこともあると思いますので、もし今後依存気味になってしまったら、連休などを使ってデトックスをしてくださいね。



最初からプレイする

結果発表
デジタルデトックス適性度!ITに振り回される現代人タイプ

あなたのデジタルデトックス適性度は、平均レベルといった数値です。現代人らしく周囲にデジタル機器やIT環境があふれてはいますが、四六時中スマホをチェックしているような依存状態ではありません。ネット環境がないと、多少は不安になったりしますが、一刻も早く復旧させたい…などと慌てることもないでしょう。
ただ、このタイプは状況によってデジタルデトックス適性度が上下する傾向にあり、たとえば仕事や恋愛関係のメールを待っている間は、IT環境に不備があるととたんにソワソワしはじめます。場合によっては、依存症っぽくなることもあるので、状況によってはデジタルデトックスを試してみてもいいかもしれませんね。



最初からプレイする

結果発表
デジタルデトックス適性度!どっぷりハマったデジタル人間タイプ

あなたのデジタルデトックス適性度は、平均より低め。ふだんからデジタル機器やIT環境にどっぷりハマっていて、デジタルデトックスをしようと思っても、すぐに禁断症状が出てしまうかもしれません。
このタイプは、スマホやPCでSNSなどに毎日何回もアクセスするなど、ITへの依存がかなり習慣化しています。デジタル機器を便利に使っているつもりが、反対にがんじがらめに縛られてしまっているケースもあるでしょう。
とりあえず、毎日デジタル機器をさわっている間は、なかなか症状が改善されませんので、「デトックス」とまではいかなくても、なるべくアクセスする時間を減らすことが大事です。たとえば、散歩をするときは、わざとスマホを忘れていくなど、短時間でもデジタルフリーの環境に身を置いてみてはどうでしょうか。



最初からプレイする

結果発表
デジタルデトックス適性度!完全にデジタル漬け人間タイプ

あなたのデジタルデトックス度は、かなり低い数値が出ているようですね。ふだんからデジタル機器やIT環境をフル活用しているタイプですが、そんな状況にちょっと疲れているのではないでしょうか。ちょっとした時間があると、スマホやパソコンをイジりだし、お気に入りのSNSなどを長時間チェックできないとイライラすることも…。下手をすると、アウトドアでバーベキューなんかを楽しむときもデジタル環境を持ち出すようなところがあります。
このタイプは、デジタルデトックスに取り組んでみても、最初の数時間くらいで挫折してしまう可能性が高いのですが、デトックスが必要なのはまさにあなたのようなタイプです。平日にデジタルデトックスに取り組むのが厳しければ、まずは休日の1日限定…みたいな感じで、徐々に体を慣らしていってはどうでしょうか?



最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ