性格

文字の書き方が将来性を予言する!? 筆跡で将来性診断

19246 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今やメールでやりとりするのが当たり前の時代、親しい友人でも、どういう字を書く人か知らないことが多くなってきました。
文字を書くという行動は、呼吸などと違って、脳を経由して自分が意識しなければ、起こせない行動です。脳を通しているので、その筆跡には千差万別のパーソナリティーが表れるとされています。さらに筆跡は行動の痕跡とも言われ、その人の行動パターンがわかり、深層心理がどのようなものか知ることもできます。また筆跡と性格の因果関係は常に連動していますから、この字を書いている限り、性格は変えられないはずで、このまま年を重ねればどうなるかも予測できます。
将来、成功する行動要素は、「明るさ」「粘り強さ」「計画性」「熱意」「協調性」「誠実性」などが上げられます。これらが筆跡に現れていれば、多くの成功が手にでき、将来有望となるはずです。もし今、それがないとしても問題はありません。人間の行動には、不思議な力があります。暗く落ち込んでいる時に無理してでも明るくしていると気分が晴れることはないでしょうか。これは、行動や動作が人の内面に影響を与えているからです。確かに動かし難い運命というものはあると思いますが、行動で運勢はかなり改善できるものでもあります。意識的に筆跡を変えていけば、性格が変わり、行動パターンも変化し、人生そのものが変貌するはずです。筆跡による将来像は固定的ではありません。筆跡は、少しずつなら変えることは可能です。

今回、筆跡で将来性を探っていくのですが、タイプによっては、このまま維持したい場合や、変更させたい場合などが見えてきます。筆跡を診て、未来をより明るく実りあるものにしていきたいと思います。

心理テスト作成・監修

吉田吉仙

人相学、筆跡鑑定、夢占い、色占いを行う。

文字の書き方が将来性を予言する!? 筆跡で将来性診断

文字の書き方が将来性を予言する!? 筆跡で将来性診断

Q1. まずは「兄、見、言、都、囲、京、口、中、様、木、子」を書いてみてください。その筆跡をみて、あなたの筆跡に近いものを下から選んでください。

  • 「言」などの横線の間隔が等しくなく、文字そのものが大きく、偏とつくりの間を広く取る
  • 「兄」「見」などのカーブの跳ねの部分を空間をあけて大きく書き、偏とつくりの間を広く取り、「口」などの筆と筆が接する部分で、上の方を開け、下の方を閉じる
  • 「様」などで「木」偏の頭部の突出が短めで、偏とつくりが離れていて、「子」などの跳ねが強い
  • 「京」などの線で囲まれた空間を大きくし、「口」などで、上部の筆と筆が接する部分と下部の筆と筆が接する部分が大きく開き、「中」などが右に上がってしまう
  • 「都」「囲」などの線で囲まれた空間が狭いまたはつぶれていて、行の末端が揃わず、不安定な文字を書き、行に並ぶ文字がガタガタ
  • 縦線の上の突き出しが長く、筆と筆が接する部分がくっついていない、偏とつくりの間隔が広い
  • 文字の線の書き始めに、筆圧がほとんどかからず、払いの部分も、すーっと離れていく感じになり、線と線が接触する部分が離れ、角の部分に丸みがあり、偏とつくりの間を広く取る
  • 文字の下部分が狭く不安定な字を書き、線と線が不必要に交差したり、勢いがあり過ぎて他の線と突き刺さったりし、文字が斜めになっていて、転倒しそうな状態

文字の書き方が将来性を予言する!? 筆跡で将来性診断

文字の書き方が将来性を予言する!? 筆跡で将来性診断

結果発表
リーダーになる人

将来的にリーダーになる人の筆跡は、縦線の上の突き出しが長く、筆と筆が接する部分がくっついていない、偏とつくりの間隔が広いということが知られています。
上部の突出が長い場合、自分の考えや行動を自身で決めていきたい気持ちが強く、人に命令される立場よりも人に命令したい立場を好み支配的欲求を常に持つとされています。
接筆部が開いている場合、人々を引っ張っていくのことや、自分の意見に同意してくれるには、どうしたら良いのかという、アイデアが豊富に浮かぶとされています。また臨機応変に融通が利くという面もあるようです。
偏とつくりが離れている場合、外部のものを取り入れようとする気持ちが現れていて、広くいろいろなものを受け入れる度量があるとされています。
この3点が揃っていると、リーダーに相応しい存在となり力を発揮します。ただ単に威張りたいだけだと突出が長いだけなので、人がついてきません。他の2点だけだと、実務的ではあるのですが、カリスマ性のようなものが足りないので、強いリーダーシップには物足りないようです。
今この筆跡の人は維持してください。将来、リーダーになりたい人は、この筆跡を身につけるように意識して書いていけば、リーダーになれるかもしれません。

結果発表
億万長者になる人

将来的に億万長者になる人の筆跡は、「兄」「見」などのカーブの跳ねの部分を空間をあけて大きく書き、偏とつくりの間を広く取り、「口」などの筆と筆が接する部分で、上の方を開け、下の方を閉じることが知られています。
カーブの跳ねを大きく書く場合、精神的な余裕があり心が大きく、お金をはじめとした、いろいろなものを手中に収めることができるとされています。
偏とつくりが広い場合、開放的で前向きな心理が働き、目先でお金を追うのではなく、最終的にどのように大金につながるか見極める器の広さのようなものがあるとされます。
接筆部の上部開きで下部閉じの場合、お金の入り口が開いていて、手にしたお金は、どこからも漏らさないことに通じるとされ、お金の管理がしっかりしていると言われています。お金が貯まらない人は、この接筆部の下部が開いていることが多いようです。
以上の3点が揃っていると、お金を稼いだり、管理することに長け、着実に財が積み重ねられるはずです。この3点が揃っていないと一時的にお金は入っても財にはなりません。
今この筆跡の人は維持してください。将来、億万長者になりたい人は、この筆跡を身につけるように意識して書いていけば、億万長者になれるかもしれません。

結果発表
ギャンブルで大儲けする人

ギャンブルで大儲けできる人の筆跡は、「言」などの横線の間隔が等しくなく、文字そのものが大きく、偏とつくりの間を広く取ることが知られています。
横線の間隔が等しくない場合、最終的に迷った時、論理よりも直感を大切にして踏み込む決断力や思い切りの良さがあるとされています。
大きい文字を書く場合、自信のようなものが常にあり、その場の雰囲気に飲まれることがなく、どんな場所でも遠慮や気がねとは、無縁に近いとされます。
偏とつくりが広いのをギャンブルの観点からみると、外部の情報を追い求めようとする力があり、ツキまでも呼び込むとされます。
横線が極端に非等間隔だったりしていると、直感に頼り過ぎで大損することが多いようです。
以上の3点が揃っていると、直感、情報収集能力、大胆さのバランスが取れているので、損は少なく、大儲けできる可能性が高くなるはずです。この3点のうちで、ツキを呼び込む部分が重要で、どちらかというと偏とつくりを広めに開けた方が良いようです。
今この筆跡の人は維持してください。将来、ギャンブルで大儲けしたい人は、この筆跡を身につけるように意識して書いていけば、大儲けできるかもしれません。

結果発表
愛され上手な人

愛され上手な人の筆跡は、文字の線の書き始めに、筆圧がほとんどかからず、払いの部分も、すーっと離れていく感じになり、線と線が接触する部分が離れ、角の部分に丸みがあり、偏とつくりの間を広く取ることが知られています。
筆が紙面に接し始める時と離れる時にスムーズさが見られる場合、性格は素直で自己主張は控えめで、相手の立場に立って物事を考えるとされています。
接筆部が開き、角が丸い場合、物事を前向きに解釈する傾向にあり、融通が利くタイプとされます。
偏とつくりが広いのを愛され上手の観点からみると、外部のものを取り入れようとする気持ちが強く、包容力に富んでいるとされます。
さらに、文字とは関係がない、おしゃれ点や飾り線といった字の装飾をすると、愛され度が増すとも言われています。
基本的に以上の3点が揃っていると、愛を受け入れ易く、人が愛情を注ぎたくなる雰囲気が漂うようになるはずです。
接筆部が開き過ぎていると、恋愛に対してルーズになりがちであるようです。
今この筆跡の人は維持してください。将来、愛され上手になりたい人は、この筆跡を身につけるように意識して書いていけば、多くの愛を素直に受け入れられるかもしれません。

結果発表
愛してはいけない人

愛してはいけない人の筆跡は、文字の下部分が狭く不安定な字を書き、線と線が不必要に交差したり、勢いがあり過ぎて他の線と突き刺さったりし、文字が斜めになっていて、転倒しそうな状態になることが知られています。
不安定な字を書く場合、一見すると個性的で面白い人と見られますが、これは表向きで、長続きはせず、精神的に不安定とされます。
線と線が異常に交差する場合、喜怒哀楽が激しく、怒りの部分が特に激しく、感性が異様に強いとされます。斜めの字を書く場合、計画性がなく、失敗してもそこから何も学ぶことはなく、あぶない橋を渡りたい傾向にあるとされています。文字に乱れがある筆跡は、注意が必要なようです。
基本的に以上の3点が揃っていると、精神的に不安定で、不運を呼び込んで、幸せがどんどん逃げていくはずです。ただ、感性が鋭く尋常でないので芸術面で、大きく才能を開花させる可能性はあります。でも、それで幸せになるかどうかは、疑問が残ります。
今この筆跡の人は、改めた方が良さそうです。将来、この筆跡になりかけたら、意識して変えていくことをお勧めします。筆跡は少しずつ変化するものなので、直すのも悪化するのも時間がかかるので早めの対処が必要でしょう。

結果発表
ツキのない人

ツキのない人の筆跡は、「都」「囲」などの線で囲まれた空間が狭いまたはつぶれていて、行の末端が揃わず、不安定な文字を書き、行に並ぶ文字がガタガタすることが知られています。
空間が狭いというのは、精神的や肉体的で、つらいものを抱え込んでいる時に書いてしまう暗い文字とされています。
行の末端が揃わないのは、何かに頼りたい、支えてもらいたいという気持ちの表れでマイナスの運気が漂っているとされます。
不安定な文字は精神の不安定さの表れで、文字がガタつくのは、体調を崩したり、不健康な状態の表れとされています。
以上の4点の全てもしくは、どれかが該当していたら、ツキは減っていく一方です。この4点の他、いつもより字が小さくなるのもツキが減るサインと言われています。注意してください。この筆跡の間は、心も身体共に低迷しているので、チャンスもなく、大きな勝負には出ない方が得策です。
今この筆跡の人は、改めた方が良さそうです。将来、この筆跡の兆候が現れたら、意識して変えていくことをお勧めします。筆跡は少しずつ変化するものなので、直すのも悪化するのも時間がかかるので早めの対処が必要だと思います。

結果発表
明るく見通す人

将来を明るく見通す人の筆跡は、「京」などの線で囲まれた空間を大きくし、「口」などで、上部の筆と筆が接する部分と下部の筆と筆が接する部分が大きく開き、「中」などが右に上がってしまうことが知られています。
線で囲まれた空間が大きい場合、性格は明るく、人から親しみを持たれることが多いとされますが、あまり大き過ぎると知性が減少するとされています。
接筆上部開き、接筆下部開きだと、周囲の雰囲気を読んだりして臨機応変に対処できるされますが、事態がギリギリになってから対処する傾向が強いとされています。
右上がりの字は、物事に対して前向きで、積極性があるとされますが、自分のペースを大事に面があるとされています。
基本的に以上の3点が揃っていると、物事に対しては楽観的で、少々の不安があっても、こだわらずに、未来を明るく考えるはずです。ただ、これらの特徴が強く出過ぎると、ルーズな印象で見られることが多くなります。
今この筆跡の人は字の傾向を極端にはせず維持してください。将来を明るく見通したい人は、この筆跡を意識して書いていけば、悲観的にはならず、明るいイメージを持ち、見通せるようになれるかもしれません。

結果発表
ナンバー2で成功する人

ナンバー2で成功する人の筆跡は、「様」などで「木」偏の頭部の突出が短めで、偏とつくりが離れていて、「子」などの跳ねが強いということが知られています。
頭部の突出が短い場合、リーダーになることを望まず、自分の前に人がいることで安心でき、支えて力を発揮するとされています。
偏とつくりを広く開ける点を人を統率する観点でみると、包容力があって、周囲の意見を聞いて判断するので、統率力が高いとされます。
跳ねが強いというのは、意思の力が強く困難に直面した時は、克服できるまで粘り強く対処し、自分の方針に異を唱えらたら、納得が行くまで説明することに長けているとされます。
基本的に以上の3点が揃っていると、自らがリーダーとして立つよりも、誰かの右腕となって、行動を起こした方が、実力以上の力が発揮できるはずです。そして、自分がリーダーの立場になった場合、強い指示ができず、周囲を混乱させることもあります。全ては、自分が認めるリーダー見つけることが鍵となるでしょう。
今この筆跡の人は維持していれば、ナンバー2で成功します。将来、ナンバー2で、物事を動かしたい人は、この筆跡を身につけるように意識して書いていけば、誰かを支えて多くの成功が手にできるかもしれません。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ