恋愛

あなたにおすすめな婚活マーケティング<女性編>

9315 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この診断にアクセスした方のなかには、そろそろ婚活を考えている、あるいは将来的に結婚できるか不安だ…という人もいると思います。

ここではマーケティングの手法を例に、あなたが婚活戦線でどのような戦略をとればいいのかをお知らせします。
現代社会において、売れるモノやサービスをつくるためにはマーケティングが必須。その理論を婚活にも活用しちゃいましょう。
こちらは女性編なので、男性は男性編にアクセスしてくださいね。

あなたにおすすめな婚活マーケティング<女性編>

あなたにおすすめな婚活マーケティング<女性編>

Q1. 結婚はいつくらいにしたい?

  • なるべく早く
  • 3ヵ月以内
  • 半年以内
  • 1年以内
  • 3年以内
  • 5年以内
  • 10年以内
  • その他

Q2. 結婚相手に望むもので、一番重要だと思うのは?

  • 優しさ
  • 健康
  • 家柄
  • 経済力
  • 価値観
  • 包容力
  • その他

Q3. どんな結婚式がいい?

  • 親戚など身内だけのジミ婚
  • 身内と親しい友人だけのこぢんまりとした結婚式
  • 派手でもなく、地味でもない中規模な結婚式
  • たくさんの人を呼んだ盛大な結婚式
  • 世の中に2つとない個性豊かな結婚式
  • 新郎新婦だけの結婚式
  • 新郎新婦と両親、兄弟だけの結婚式
  • 結婚式はしたくない

Q4. 「できちゃった結婚」をする人のことをどう思う?

  • 軽卒だと思う
  • ラブラブだと思う
  • 素敵だと思う
  • 仕方ないと思う
  • うっかりものだと思う
  • うまいことやったと思う
  • 情熱的だと思う
  • 別になんとも思わない

Q5. 好きになった人がバツ1だった。どう思う?

  • 好きになったら関係ないと思う
  • むしろ経験豊富でいいと思う
  • なんとなく嫌だと思う
  • 絶対に嫌だと思う
  • 今度は幸せになってほしいと思う
  • 自分とならうまくいくと思う
  • 今度もダメかもしれない…と思う
  • 気にしないようにするが、焼きもちを焼いてしまうと思う

Q6. 付き合う前に、相手の秘密がわかるとしたら、なにを知りたい?

  • 相手の過去の経験人数
  • 相手の過去に付き合った人の数
  • 相手の親の性格
  • 相手の弱点
  • 相手の貯金額
  • 相手の年収
  • 相手の性的嗜好
  • どれも知りたくない

あなたにおすすめな婚活マーケティング<女性編>

あなたにおすすめな婚活マーケティング<女性編>

結果発表
あなたにおすすめなのは「マーケティングの4P」です

あなたは婚活戦線において、マーケティングの「4P」を意識することをおすすめします。4Pといっても、エロいことではありませんよ。マーケティングの4Pとは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、 プロモーション(Promotion)のこと。たとえば自分を製品に置き換えて、売り方を考えてみましょう。自分にはどのような特徴や訴求点があるのか、その価格は適正か(高望みしていないか、安売りしていないか)、流通経路(合コンや社内恋愛など)はあるか、自分を売り込むプロモーションをしているか、といったことに気を配れば、相手が見つかる確率がぐんとアップするはずです。まずはマーケティングの4Pを意識して、自分の弱点を分析し、足りないところを伸ばすように心がけましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「市場分析」です

あなたに必要なのは市場分析です。婚活においては、自分を売り込む市場を間違えてはいけません。たとえば、社内恋愛という市場で考えてみましょう。会社のなかを見渡してください。恋愛対象になりそうな人はいますか? 定年間際のおじいちゃん、社畜化して死にそうな中堅社員、若いだけで使えない新人…そんな人しかいない場合は、もはや市場として終わっています。おしゃれして会社に行くなんて無駄以外のなにものでもありません。その労力を有望な市場に注ぎ込みましょう。合コン市場でも婚活パーティー市場でもいいので、自分をもっと売り込める場所に資本を投下するべきです。会社の飲み会なんて出ている暇があったら、出会いの場を開拓しましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「AIDA理論」です

あなたにはマーケティングのAIDA理論をおすすめします。AIDAは、「注目(Attention)」、「関心(Interest)」、「欲求(Desire)」、「行為(Action)」の頭文字をとった言葉で、消費者が商品を買うときの心理プロセスをあらわしています。まず広告などで商品に「注目」し、どんな商品か「関心」をもち、その商品が欲しいという「欲求」が生じ、商品を購入するという「行為」に至る…という流れをあらわしています。つまり商品を購入するまでには、「注目」と「関心」というステップが必ず入るということです。意外とこの部分に力を入れないで、「出会いがない」と愚痴をいっている人が少なくありません。異性に注目してもらい、関心をもってもらうために、相応のコストをかけましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「プロダクト・ポートフォリオ」です

あなたにはマーケティング理論のうち、「プロダクト・ポートフォリオ」をおすすめします。プロダクト・ポートフォリオでは、自社の製品がどのような特徴を持っているかを分析し、「花形」「金のなる木」「問題児」「負け犬」の4つに分類します。人間にあてはめると、「花形」は投資すればもっと成長しそうな人、「金のなる木」は投資しなくても収益をもたらしてくれる人、「問題児」は投資すれば弱点を克服できるような人、「負け犬」は将来性がない人…といった感じで分類できます。この4つの分類法に限らず、自分の男性ポートフォリオを分析し、どの人に投資し、どの人から撤退するべきかをしっかりつかむことが、婚活を成功させる近道だといえます。あくまで客観的に分類することがポイントになります。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「プロダクト・ライフサイクル」です

あなたにはマーケティング理論のうち、「プロダクト・ライフサイクル」をおすすめします。プロダクト・ライフサイクルとは、いわゆる商品寿命のこと。商品が市場に投入され、だんだん普及し、姿を消すまでの期間を「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つに分けています。「導入期」「成長期」は、市場に売り込むのに投資が必要な時期、「成熟期」はまさに売り時ですがちょっと先が見えてくる時期、「衰退期」は需要が落ち込み市場からの撤退が視野に入る時期です。こういった商品の売り時と同じように、人間にも売り時がありますよね。「導入期」や「成長期」に自分を磨き、「成熟期」に勝負をかける。「衰退期」まで勝負を引っ張っていると勝算が薄くなります。まずは婚活市場で自分がどの時期にあたるのかを把握しましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「マインドシェア」です

あなたにはぜひ「マインドシェア」を高めてほしいですね。シェアとは市場占有率を指します。たとえば、市場のなかでその製品が全体の3割程度売れていれば、「30%のシェア」などと表現します。マインドシェアは、市場ではなく、ひとりひとりの心のなかにあるシェアを指しており、たとえば男性が「身近な女性のなかで恋愛対象になるのは誰かな?」と考えたときに、「Aさんがいいな」と、ぱっと名前が浮かぶような女性は、マインドシェアが高いといえます。肝心なのは、市場全体のシェアを高める(八方美人的に人気を集める)のではなく、意中の男性のマインドシェアを高めるのに力を注ぐことです。1人にターゲットを絞ることで、マインドシェアを高めるコストは低減され、効果も高まるでしょう。相手の心の中にある自分の存在を、どんどん大きくしていきましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「イノベーション」です

ちょっぴり地味なあなたには、ぜひ「イノベーション」を起こしてほしいですね。イノベーションは、世の中に普及していない製品やサービスをつくり出し、新市場を創造することを指します。同じような商品ばかりで飽和状態になっている市場に、いままでにない商品を投入して風穴をあけるような取り組みです。婚活にあてはめると、たとえば合コンに出席したとき、同じ友だちグループで参加すると、どうしても似たような個性を持つ集団になりがちです。地味めな人ばかりが集まる合コンに、地味な格好をしていっても埋もれてしまいます。そこで、自分だけギャルっぽいファッションで参加するとか、ほかにはない魅力を打ち出すのです。ひょっとすると浮いてしまうかもしれませんが、多数に埋もれるより浮いたほうが全然マシです。むしろ埋没してしまいがちな人は、浮くくらい激しくアピールしたほうがいいでしょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「ニッチ・マーケティング」です

マーケティングが対象とする市場は、巨大市場からミクロな市場までさまざまですが、あなたにはぜひ「ニッチ・マーケティング」を目指してほしいですね。ニッチ・マーケティングは、大企業が対象としない小さな市場や、ニーズが見過ごされている隙間市場などを狙うマーケティングを指します。婚活でいえば、みんなから人気のある金持ちやイケメンを狙うのではなく、特定の分野で誠実に働いている男性や、一般ウケしないけれど自分と趣味がマッチする男性をターゲットにすることになります。要するに、そんなにモテていない人を狙うわけですが、モテていない人のなかにも「当たり」は結構混ざっています。人気者を大勢で取り合うよりも、きっと効率がいいと思いますよ。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ