趣味&興味

肉、食べたい!刺身にユッケ、レア。食中毒は怖いけれど、美味しい物は止められない「生肉耐性度診断」

11232 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肉を生で食べるのが好きな人はいませんか?
その代表といえば、九州人の馬刺好きですが、ほかにもユッケとか、超レアに焼いたステーキが好きな人も多いでしょう。
ユッケをはじめ、生肉をつかったいくつかの料理は、厳しい認定基準をクリアしなければいけなくなったため、なかなか口に入る機会も減りましたが、専門店に足を運んで食べるファンも根強くいます。

その一方で、生っぽい肉が嫌いで、ステーキなんかでもよく焼かないと不安だという人もいるでしょう。
また、食中毒のリスクを考えると、抵抗力の弱い人は、やはりよく加熱して食べたほうがいいかもしれません。

そんなふうに生肉に対するアプローチはさまざまですが、この「生肉耐性度診断」では、あなたが生肉を好きなタイプか、嫌いなタイプかを探っていきたいと思います。
あくまで好き嫌いをはかる診断ですので、実際の身体的な耐性度について言及するものではありません。
生肉を食べるときは、自身の体質や体調、お店が所轄保健所の認可をきちんととっているかも含めて、慎重に判断して下さいね。

(☆他の「耐性診断は」、こちら
(☆他の「嗜好診断」は、こちら
(☆他の「肉診断」は、こちら

肉、食べたい!刺身にユッケ、レア。食中毒は怖いけれど、美味しい物は止められない「生肉耐性度診断」

肉、食べたい!刺身にユッケ、レア。食中毒は怖いけれど、美味しい物は止められない「生肉耐性度診断」

Q1. ずばり、お肉は好き?

  • めちゃくちゃ好き
  • けっこう好き
  • 好きでも嫌いでもない
  • じつは嫌い

Q2. 次のうち、一番好きな肉は?

  • 豚肉
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 馬肉
  • 羊肉

Q3. ステーキの焼き方で一番好きなのは?

  • ウエルダン
  • ミディアム
  • レア
  • よくわからない

Q4. 食べ物の産地は気になるほう?

  • かなり気になる
  • そこそこ気になる
  • あまり気にならない
  • ぜんぜん気にならない

Q5. お肉と一緒に味わいたいのは?

  • お酒
  • 野菜
  • 白米

Q6. 次のうち、ご馳走としてよく食べるのは?

  • 焼肉
  • フレンチ
  • どれも食べない
  • 寿司

Q7. 29日といえば?

  • 月末
  • ニクの日でしょ
  • 2月はレア
  • 給料日前後

肉、食べたい!刺身にユッケ、レア。食中毒は怖いけれど、美味しい物は止められない「生肉耐性度診断」

肉、食べたい!刺身にユッケ、レア。食中毒は怖いけれど、美味しい物は止められない「生肉耐性度診断」

結果発表
あなたは、野獣なみの生肉好き

おお! あなたは、めちゃくちゃ生肉が好きなようですね。サバンナの肉食獣なみに生肉に目がなく、動物番組などで放映されるライオンのお食事シーンなどを見て、思わずヨダレが出てしまったこともあるのでは? 完全に野獣ですね。
このタイプは、ステーキなんかでも、ウエルダンよりレア、それも肉の色味が鮮やかな超レアを好みます。ユッケがなかなか食べられなくなって、悲しんでいる人も多いのではないでしょうか。ただ基本的には、肉はよく焼いて食べたほうが安全で、とくにウシやブタなんかでは寄生虫などの心配も出てきます。「自分は胃腸が丈夫だから平気♪」なんて過信せずに、肉を食べるときはおいしさだけではなく、安全性も重視してメニューを選んでくださいね。



最初からプレイする

結果発表
あなたは、生焼けでも食べちゃうタイプ

あなたは、お肉を愛する人のようですね。それも肉のタタキとか、馬刺とか、生の風味と食感が味わえるメニューが好きなのではないでしょうか。「肉はよく焼いていないと食べられない」みたいな人が信じられず、ステーキでも多少は赤い部分があったほうがおいしく感じると思います。
このタイプは焼肉屋さんでも、肉を生焼けで引き上げてしまい、周囲から「まだ焼けてないんじゃないw」なんて、たしなめられた経験もあると思います。下手をすると生食用の肉以外でも、生に近い状態で食べてしまうようなところがあるので、健康上の観点から見れば、もう少し落ち着いて肉を食べたほうがいいかもしれません。とりあえず、自分で肉を調理して食べるときは、ちゃんと火が通っているか、しっかり確認してくださいね。



最初からプレイする

結果発表
あなたは、赤い部分に不安を覚えるタイプ

あなたは、肉を嫌いなわけじゃありませんが、取り立てて生肉が好きだというほどでもないようですね。生肉が好きな人は、それこそ野獣のように超レアな状態で肉にかぶりつきますが、あなたの場合、あまり肉が赤いと「もうちょっと焼かないとヤバいんじゃない…」と不安になってしまうようなところがあると思います。
といってもレアの肉の味わいもわかる人で、決して味オンチではありませんが、基本的に肉は焼いて食べるものなので、無理をして鶏肉の刺身とか牛肉の寿司とかみたいに、トリッキーな感じで食べる必要はないでしょう。ただ馬刺など、生が前提のものは、もちろんそのまま食べたほうがおいしいと思います。馬の場合は、牛や豚より体温が高いため、寄生虫がつくリスクも低いそうですよ。どうせ食べるなら、安全な生肉を選んでくださいね。



最初からプレイする

結果発表
あなたは、安全性を追求するタイプ

あなたは、生っぽい肉がちょっと苦手なのではないでしょうか。ステーキなんかを食べるときも、レアだったらちょっと不安に感じるようなタイプ。馬刺とかローストビーフなんかにも、少し抵抗があるかもしれません。最近は熟成肉なんて言って、生肉を何ヵ月も寝かしたものが人気ですが、あまり食指が動かないと思います。
食に対してちょっと保守的な傾向がありますが、安全性に気を配る姿勢は悪くありません。肉に限らず、野菜なんかの産地も気になるのではないでしょうか。
安全意識が高いので、食中毒になる危険性は非常に低い人といえますが、肉は焼きすぎて焦げても健康によくありません。何事もやりすぎには注意してくださいね。



最初からプレイする

結果発表
あなたは、焼肉屋さんで出遅れるタイプ

あなたは、生肉を食べたいなんて、ぜんぜん思ったことがないようですね。肉の赤いところを見ると、なんとなくグロい感じがして、食欲がなくなってしまうようなタイプではないでしょうか。たまに生肉の塊を見て、「おいしそ〜う」なんてヨダレを垂らしている人がいますが、あなたに言わせればケダモノみたいなものでしょう。
このタイプは肉をしっかり焼いて食べるため、みんなで焼肉屋さんなんかに行くと出遅れがちです。あなたに言わせればまだ焼けていない状態なのに、ほいほい生焼けで食べる人たちを見て、悔しい思いをしたこともあるでしょう。焼肉屋さんでは、自分のテリトリーの肉はがっちりガードするなど、ほかの人に横取りされないよう気をつけてくださいね。



最初からプレイする


Facebookでシェア LINEでシェア
この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ