性格

あなたは存在感のある人か?「あなたの存在感チェック」

153319 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
職場や学校でも、存在感のある人・ない人がいるものです。
存在感のある人は、人から一目置かれるでしょう。本人は自信に満ちているように見えます。
存在感の希薄な人は、周りの人からも忘れられがち。

さて、あなたは存在感のある人? それとも存在感の薄い人?

あなたの存在感を診断しましょう。

当てはまるものにチェックを入れていってください。

(☆他の「中嶋真澄」関連の診断は、こちら
(☆他の「能力診断」は、こちら

心理テスト作成・監修

中嶋 真澄(なかじま ますみ)

「面白すぎて時間を忘れる心理テスト」(三笠書房)、「人には言えないホンネがわかる!おとなの心理テスト」(池田書店)他、心理テスト関連の著書多数。anan等雑誌の心理テスト特集の監修も行う。中嶋真澄ONLINE(リンク)

あなたは存在感のある人か?「あなたの存在感チェック」

あなたは存在感のある人か?「あなたの存在感チェック」

Q1. 以下で該当するものにチェックを入れてね! 

結果を見る

あなたは存在感のある人か?「あなたの存在感チェック」

あなたは存在感のある人か?「あなたの存在感チェック」

結果発表
存在感ありすぎ 肩で風切るタイプ

あなたはかなり存在感のある人。大勢の中でも目立つタイプ。
誰でも一度あなたに会えば、強い印象を持つでしょう。きっと、あなたのことを忘れられなくなるはず。だからといって、必ずしも人に好かれているとは限りません。あなたが近づいてくるのを見て、「あっ、あの人だ」と気づき、なるべく近寄らないようにしようと思う人もいるかもしれません。あなたは存在感がありすぎで、肩で風切って歩いている人のように、周りの人を脅かしているかもしれないのです。世の中では存在感のある人の方が、存在感の薄い人より、自分の意思を通しやすいところがあります。声の大きい人、押しの強い人の勝ちということもあります。とはいえ、それはやがて周りの人の反発を買うことになるでしょう。
存在感があるからこそ、あなたは人にやさしく謙虚になるべき。そして、次は愛される人になることを目指しましょう。


最初からプレイする

結果発表
存在感多少あり 目立ちたければ目立てるタイプ

あなたはある程度、存在感のある人。
ときどき顔を合わす人には、ちゃんと顔を覚えてもらえるでしょう。あなたが出入りしている場所では、知り合いの一人、仲間の一人としてカウントされているはず。何かの集まりやコンパなどには、たいてい誘ってもらえるでしょう。
周りの人から忘れられることはありません。しかし、あなたの目立ち方は中途半端。ほんとうは目立ちたいけど、目立ちすぎるとちょっと気が引ける、それにうまく自己アピールしきれないというところがあるのかも。存在感のある人は、周囲の人から一目置かれるところがあります。もっと積極的に自己アピールしてもいいかも。目立つというだけで、実際よりも能力のある人と評価してもらえることがあります。また、知り合いがたくさんでき、役に立つ情報なども入ってきやすくなるでしょう。


最初からプレイする

結果発表
存在感あまりない その他大勢タイプ

あなたはあまり目立たない人。それほど存在感がなく、人々の印象に残りにくい人のようです。
周りの人間からすると、そこにいても大して気にならないタイプ。その他大勢、あるいは、人畜無害と思われていそう。コンパの誘いなどで、あなたに声がかかるときは、人数が足りない時の人数合わせのためかもしれませんね。とはいえ、そんなにがっかりすることはありません。それはまあ、人に嫌われているのではないということですから。言い換えれば、それは嫌われるほど“濃い”存在感がないということかも。それにはメリットもあります。周りの人間が、派閥やセクトを作って、グループ間で対立しいがみ合っているようなとき、あなたは目立たない存在なのですから、どちらにでもつけます。形勢をうかがい、日和見的に行動するとよいでしょう。平和主義の人と思ってもらえそう。


最初からプレイする

結果発表
存在感希薄! 影の薄いタイプ

あなたはきわめて存在感の希薄な人。影の薄いタイプです。
人中では目立たず、なかなか他人の記憶には残りにくいようです。
そこにいてもいないかのごとく、気配すら感じてもらえないことがあるようです。ちゃんと息をしていますか? 体は温かいですか?血流が滞っていませんか? ちゃんと生きていますか? 自己主張してますか?
とはいえ、こういった結果になったからといって、がっかりすることはありません。あなたほど存在感が薄いと、それは一つの個性となりうるものです。その特性をうまく生かしましょう。あなたは人に関心を持たれにくいので、人目を気にする必要がありません。何でもやりたいことをやりたい放題やれるのです。どこに行っても、控えめにする必要はありません。でしゃばったところで、せいぜい「あっ、こういう人がいたんだ」と気づいてもらえる程度です。そう思えば、ずいぶん気楽ではありませんか。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ