仕事&お金

レポートするタレントだったら?「食レポタイプ診断」

3199 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティ番組や情報番組に欠かせないコンテンツのひとつに「食レポ」があります。
単においしいものを食べて感想をいうだけではなく、食レポをするタレントによって、さまざまな個性がありますよね。

この診断では、そんな食レポに登場するタレントにたとえて、あなたの性格を占ってみます。
食レポが好きな人は、ぜひチェックしてくださいね。

(☆他の「グルメ診断」は、こちら
(☆他の「評価診断」は、こちら

レポートするタレントだったら?「食レポタイプ診断」

レポートするタレントだったら?「食レポタイプ診断」

Q1. あなたの友だちがクッキーを焼いてくれました。それを食べたところ、なんだか変な味がします。どうする?

  • 「おいしい!」という
  • 「食べたことがない味だ!」という
  • 「なにか変わったものを入れた?」という
  • 「まずい!」という
  • なにも言わずに食べる

Q2. あなたは目立ちたがり屋?

  • めちゃくちゃ目立ちたがり屋
  • けっこう目立ちたがり屋
  • そんなに目立ちたがり屋じゃない
  • むしろ目立たないほうがいい
  • というか、絶対に目立ちたくない

Q3. 自分を「軽い」か「重い」かで分類すると?

  • 軽い
  • 重い
  • とても軽い
  • とても重い
  • 自分ではわからない

Q4. あなたは緊張しやすいタイプ?

  • めちゃくちゃ緊張しやすい
  • かなり緊張する
  • そこそこ緊張する
  • あまり緊張しない
  • ぜんぜん緊張しない

Q5. ウソをつくのは得意?

  • めちゃくちゃ得意
  • けっこう得意
  • あまり得意じゃない
  • どちらかというと苦手
  • めちゃくちゃ苦手

Q6. 自分の「個性の強さ」を5段階で自己評価すると?

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

レポートするタレントだったら?「食レポタイプ診断」

レポートするタレントだったら?「食レポタイプ診断」

結果発表
あなたは言葉ではなく、表情で伝えるタイプ

あなたはレポーターになるには、ちょっと弁が立たないところがあるようですね。思ったことがすぐに口に出てこないで、もどかしい思いをすることも多いのではないでしょうか。ただ、口には出てこなくても、表情には出すことができます。たとえば何かにムカついたときに、面と向かって文句がいえなかったにしても、顔にはバッチリ出てしまうので、とりあえず怒っているということは伝わると思います。
このタイプは、食レポのレポーターになっても、おいしさをなかなか口では表現できないかもしれませんが、表情からそのデリシャスな感じは伝わるでしょう。しかし、料理がマズいときも表情から伝わってしまうので注意が必要です。

結果発表
あなたは料理を盛りまくるマシンガントークタイプ

あなたは、非常に弁が立つタイプのようですね。立て板に水みたいな感じで、バンバンマシンガントークができる人だと思います。また、お世辞や軽口も上手で、ちょっとした一言で人をやる気にさせることができるでしょう。
このタイプは、食レポのレポーターになっても、軽妙なトークを連発して番組を盛り上げることができます。全盛期の古舘さんも真っ青な表現力で、料理の魅力を盛りまくることでしょう。
ただ、ちょっと盛りすぎて、視聴者から「事実とちがう」なんて言われることもありそうです。実生活でも、しゃべりすぎて墓穴を掘る…なんてことにならないように気をつけましょう。

結果発表
あなたは「おいしい」としかいわないボキャ貧タイプ

あなたは、ちょっと口ベタなところがあるようですね。決して頭の回転が鈍いわけではないのですが、とっさにうまいことを言うのが苦手で、しかも緊張するとその傾向に拍車がかかります。頭が真っ白になって、フリーズ状態に陥ることもあるかもしれません。
そんなあなたは食レポのレポーターになっても、なかなか料理について具体的に説明することができず、「おいしいですね〜」くらいの平凡なコメントに終始してしまいそうです。このタイプは、基本的にその場でアドリブをかますのが苦手なので、事前にテンプレート的なセリフをたくさん用意しておくといいでしょう。それでもテレビではネタ切れ感が出てしまうと思いますが、実生活では十分にごまかせると思いますよ。

結果発表
あなたは本音が出過ぎなタイプ

あなたはすごく正直なタイプですね。自分にウソがつけないタイプで、お世辞とか、心にも思っていないことを言うのが苦手だと思います。
そんなあなたが食レポのレポーターになったとしたら、おいしい料理が出たときは絶賛できると思いますが、そうではないときがとても心配です。仮にマズい料理を食べさせられたとしたら、うまくフォローの言葉が浮かばず、「ビミョー」とか「なんだこりゃ」みたいな失言をして放送事故になりそうな気がします。正直なあなたに、ウソに満ちあふれたテレビ界は向きません。これからも一般人として正直に生きていきましょう。

結果発表
あなたは番組に爪痕を残そうとするタイプ

あなたは結構な野心家のようですね。面白いことが大好きで、なにをするにも自分流の味付けをしたくなるのではないでしょうか。また、目立ちたがり屋なところもあり、みんなの前でパフォーマンスをしてウケることに快感を覚えます。
そんなあなたが食レポのレポーターになると、きっとさぞかし楽しく番組を盛り上げるでしょう。しかし、食レポのコーナーは、たいていの番組でオマケ的な存在です。あなたはそんな扱いにガマンできず、もっと爪痕を残そうと、食レポをエスカレートさせてしまうと思います。よくも悪くも寺門ジモン状態になるかもしれませんが、そんなところもあなたの魅力のひとつだといえるのかもしれませんね。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ