仕事&お金

テレワーク適性レベル診断

6487 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは「テレワーク」をしたことがありますか?
オフィスに行かず、自宅をはじめとする様々な場所で仕事ができるテレワークは、働き方の多様化を実現する合理的な取り組みです。

いっぽうで、オフィスに行かないと、仕事にいまひとつ身が入らない…という人もいるかもしれません。
実際、テレワークの社員がサボれないようにする仕組みを導入する企業もあるように、人によってはいろいろと対策が必要です。

この診断では、あなたの性格から「テレワークに向いているか否か」をチェックすることができます。
現在まさにテレワークを行なっている人、テレワークに興味のある人、テレワークに縁のない人もぜひどうぞ!

テレワーク適性レベル診断

テレワーク適性レベル診断

Q1. あなたにとって仕事とは?

  • 自分を高めるためにやるもの
  • 自分の夢や目的を実現するためにやるもの
  • みんながやっているから仕方なくやるもの
  • お金を得るためにやるもの
  • 社会の役にたつためにやるもの

Q2. 「そこそこ忙しい仕事」と「めちゃくちゃ暇な仕事」では、どっちがいい?

  • 「そこそこ忙しい仕事」がいい
  • 「めちゃくちゃ暇な仕事」がいい
  • どっちでもいい

Q3. 仕事をやめたいと思ったことは?

  • 毎日のように思っている
  • ときどき思うことがある
  • あまり思ったことはない
  • 全然思わない
  • というか、いま仕事をしていない

Q4. 家にいるときのあなたの姿は?

  • わりときっちりしている
  • 自然体でいる
  • だらだらしている
  • ふわふわしている
  • 家でも外でもあまり変わらない

Q5. 次のうち、自分の能力が伸びそうなアプローチはどっち?

  • コーチング
  • ティーチング
  • 意味がよくわからない

Q6. 月曜の朝の気分は?

  • さぁ、今週もがんばるぞ!
  • そこそこがんばろっと
  • あー、だるい
  • また月曜が来てしまった…
  • とくにほかの曜日と変わらない

Q7. 自分の「集中力」を5段階で自己評価すると?

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

テレワーク適性レベル診断

テレワーク適性レベル診断

結果発表
テレワーク適性レベル! 世界のどこでも仕事ができるタイプ

あなたのテレワーク適性レベルは、最高クラスの数値をマークしています! ビジネスパーソンのなかでも、かなり上位にランクされるレベルで、あなたなら世界のどこでも仕事ができちゃうグローバルエリートみたいになれるかもしれません。
普通は、オフィスで仕事をするからこそスイッチが入り、集中力が増すという人が多いのですが、あなたはどこでも瞬時に仕事に没頭することができます。煩悩とか雑音をスパッとカットできるあなたには、もはやオフィスなんて必要ありません。その気になれば電車のなかでも公園のベンチでも、ぐいぐい仕事を進められるでしょう。しかし、世の中にはあなたみたいな人は少数派なので、結局はみんなに合わせる…なんてことになるかもしれません。もっとテレワークが浸透する未来に期待しましょう。


最初からプレイする

結果発表
テレワーク適性レベル! むしろ一人で集中したいタイプ

あなたのテレワーク適性レベルは、平均よりもずいぶん高い数値が出ているようですね。テレワークに向いているか、向いていないかでいうと、完全に向いているタイプといえるでしょう。
あなたは、ひとりで仕事に集中力できるような環境でこそ、最大限のパフォーマンスを発揮できる人だと思います。「オフィスに行かないと、どうしてもサボってしまう」なんて人はよくいますが、あなたの場合、むしろオフィスに行くと雑音が入り、仕事を邪魔されるようなイメージを持っているのではないでしょうか。
会社で仕事をしているときは、ついつい「話しかけるなオーラ」を出してしまうこともあると思いますが、チームワークを考えると、周囲をシャットアウトしてばかりというわけにもいきません。テレワークが当たり前の世の中になるまでは、うまく折り合いをつけましょう。


最初からプレイする

結果発表
テレワーク適性レベル! 会社に行くのと同じ結果になりそうなタイプ

あなたのテレワーク適性レベルは、平均的な数値のようですね。世間一般のビジネスパーソンと比較しても、高くもなく、低くもなくというレベルで、テレワークのメリットもデメリットも、同じくらいあるタイプだといえるでしょう。
このタイプは、通勤時間をカットできたり、満員電車やクソ上司から受けるストレスを軽減できたりと、テレワークのメリットを存分に享受する一方で、会社から離れるとどうしても仕事をサボりがちになり、パフォーマンスが低下してしまう傾向にあります。通勤時間をカットできた分、仕事をだらだらして時間がかかり、結局はプラマイゼロだった…なんてことになる可能性大です。テレワークに臨むときは、ふだん以上に気を引き締める必要がありそうです。


最初からプレイする

結果発表
テレワーク適性レベル! ついついサボりがちなタイプ

あなたのテレワーク適性レベルは、平均よりも低めの数値にとどまっているようですね。ビジネスパーソンのなかでも、あまりテレワークに向いていない部類の人だと思います。
テレワークに向いている人は、どんな環境でも一定のパフォーマンスを出すことができます。会社だろうが、自宅だろうが、同じように集中できるのです。あなたの場合、会社に行かないとやる気がでないというか、監視されていないと、集中力が切れやすい傾向にあります。会社から支給されたパソコンなどで遠隔監視されるなど、テレワークでも集中できる仕組みが整っていれば問題ないのですが、そうでない場合は、著しくパフォーマンスが下がってしまうかもしれません。その結果、ずーっと会社に行かなくてもよくなってしまった、つまりはクビになる…なんて事態にならないように、気をつけてくださいね。


最初からプレイする

結果発表
テレワーク適性レベル! パフォーマンスがだだ下がりなタイプ

あなたのテレワーク適性レベルは、かなり低い数値が出てしまいました。テレワークに向いているか、向いていないかでいえば、残念ながら1ミリも向いていないといわざるをえません。
…といっても、あなた自身がテレワークを嫌っているというわけではなく、むしろ望んでいるところもあると思います。しかし、あなたは家で自主的に仕事ができるようなタイプではなく、会社で鬼上司が目を光らせてこそ実力を発揮できる人です。家では仕事と遊びの境界線がなくなり、パフォーマンスはどん底まで落ちてしまうでしょう。
能力的なポテンシャルはあるので、あとはやる気をどう保つかです。テレワークをするときは、だれかに見張ってもらうなど、サボれない環境に身を置くことをおすすめします。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ