男性向け

あなたにおすすめな婚活マーケティング<男性編>

6258 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この診断にアクセスした方のなかには、そろそろ婚活を考えている、あるいは将来的に結婚できるか不安だ…という人もいると思います。

ここではマーケティングの手法を例に、あなたが婚活戦線でどのような戦略をとればいいのかをお知らせします。
現代社会において、売れるモノやサービスをつくるためにはマーケティングが必須。その理論を婚活にも活用しちゃいましょう。
こちらは男性編なので、女性は女性編にアクセスしてくださいね。

あなたにおすすめな婚活マーケティング<男性編>

あなたにおすすめな婚活マーケティング<男性編>

Q1. 結婚はいつくらいにしたい?

  • なるべく早く
  • 3ヵ月以内
  • 半年以内
  • 1年以内
  • 3年以内
  • 5年以内
  • 10年以内
  • その他

Q2. 結婚相手に望むもので、一番重要だと思うのは?

  • 優しさ
  • 健康
  • 家柄
  • 経済力
  • 価値観
  • 包容力
  • その他

Q3. どんな結婚式がいい?

  • 親戚など身内だけのジミ婚
  • 身内と親しい友人だけのこぢんまりとした結婚式
  • 派手でもなく、地味でもない中規模な結婚式
  • たくさんの人を呼んだ盛大な結婚式
  • 世の中に2つとない個性豊かな結婚式
  • 新郎新婦だけの結婚式
  • 新郎新婦と両親、兄弟だけの結婚式
  • 結婚式はしたくない

Q4. 「できちゃった結婚」をする人のことをどう思う?

  • 軽卒だと思う
  • ラブラブだと思う
  • 素敵だと思う
  • 仕方ないと思う
  • うっかりものだと思う
  • うまいことやったと思う
  • 情熱的だと思う
  • 別になんとも思わない

Q5. 好きになった人がバツ1だった。どう思う?

  • 好きになったら関係ないと思う
  • むしろ経験豊富でいいと思う
  • なんとなく嫌だと思う
  • 絶対に嫌だと思う
  • 今度は幸せになってほしいと思う
  • 自分とならうまくいくと思う
  • 今度もダメかもしれない…と思う
  • 気にしないようにするが、焼きもちを焼いてしまうと思う

Q6. 付き合う前に、相手の秘密がわかるとしたら、なにを知りたい?

  • どれも知りたくない
  • 相手の年収
  • 相手の過去に付き合った人の数
  • 相手の親の性格
  • 相手の過去の経験人数
  • 相手の貯金額
  • 相手の弱点
  • 相手の性的嗜好

あなたにおすすめな婚活マーケティング<男性編>

あなたにおすすめな婚活マーケティング<男性編>

結果発表
あなたにおすすめなのは「マーケティングの4C」です

あなたは婚活市場において、マーケティングの「4C」を意識してみましょう。マーケティングの4Cとは、Customer Value(顧客にとっての価値)、Cost(顧客の負担)、Convenience(顧客にとっての利便性)、Communication(顧客との対話)を指します。企業はこの4つのCを意識したマーケティング活動を求められているのですが、婚活だって同じです。「顧客」を「女性」に置き換えてみてください。女性にとって価値がある、女性の負担が少ない、といった具合に、モテそうな男性像が浮かんでくるかと思います。この4つのCをクリアできないと、結婚に漕ぎ着けるのは難しいでしょう。基本的なことですが、相手に対し、自分はなにをもたらすことができるかということを意識していない人は少なくありません。まずは相手の目線に立って物事を考えてみましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「AIDMA理論」です

あなたにはマーケティングの「AIDMA理論」をおすすめします。AIDMAは、注目(Attention)、関心(Interest)、欲求(Desire)、記憶(Memory)、行為(Action)の頭文字をとった言葉で、消費者が商品を買うときの心理プロセスをあらわしています。まず広告などで商品に「注目」し、どんな商品か「関心」をもち、その商品が欲しいという「欲求」が生じ、商品のことを「記憶」して、購入するという「行為」に至る…という流れをあらわしています。婚活に置き換えると、商品=自分自身となるわけですが、とりわけ記憶(Memory)は重要です。移り気な女性を相手にするときは、どれだけ自分のことを記憶に焼き付けてもらうかが成否を左右します。キャラの薄い男性だと、その他大勢に埋もれてしまい、なかなか記憶に残りません。ぜひ、相手の記憶に残るようなパフォーマンスを打ち出してみてくださいね。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「3C分析」です

あなたには有名な「クープマンモデル」のなかから、「弱者の戦略」をおすすめします。クープマンモデルはもともと軍事シミュレーションモデルとして開発された理論ですが、マーケティングの世界でも応用されています。もちろん、婚活でも参考になります。「弱者の戦略」は、簡単にいうと差別化戦略のことです。大企業がさまざまな事業に手を広げるなか、ひとつの事業に絞って他社とは違う魅力を創造することで、小規模な企業でも大企業に立ち向かえる…という戦略です。婚活に弱者の戦略を取り入れるのならば、婚活と同時進行的にいろいろなことをやろうとせず、婚活だけに集中することで活路を開くという作戦がマッチしそうです。婚活は片手間では成功しません。「婚活が成功するまでは、遊びも飲み会も封印する!」というくらいの気概を持てば、これまでとは違った結果が出ると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「SWOT分析」です

あなたにはマーケティングの分析理論のうち、「SWOT分析」をおすすめします。SWOT分析は、強み(Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の頭文字から名付けられました。自分の内的な要素からプラス面やマイナス面を考えることで強みと弱みがわかり、外的な環境からプラス面とマイナス面を考えると機会と脅威がわかります。たとえば内的なプラス面を考えると「性格がいい」「イケメン」といった強みが、マイナス面では「気が弱い」「貯金が少ない」といった弱みがわかります。外的なプラス面では「彼女と家が近い」といった機会が、マイナス面では「ライバルが多い」といった脅威が浮き彫りになるでしょう。このようにマトリクス的にプラス面やマイナス面を考えることで、より具体的に婚活戦略を整理することができます。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「強者の戦略」です

あなたにはマーケティング理論の礎になった「クープマンモデル」のなかから、「強者の戦略」をおすすめします。もともとは軍事シミュレーションモデルとして開発されたクープマンモデルですが、婚活にも応用できます。「強者の戦略」とは、簡単にいうと他社を追随する戦略のこと。ヒット商品が出ると、すかさず同種の商品を投入し、ブームに乗っかって市場を支配するという戦略です。婚活の場合は、ロールモデル的な男性の真似をして、女性の気を惹くという戦略が考えられるでしょう。ちょっとあざとい戦略のような気もしますが、イクメンブームのときは、子ども大好きアピールをすれば高ポイントだったように、意外と印象アップに役立ちます。そのときどきのトレンドを把握して、うまく波に乗ってみましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「弱者の戦略」です

あなたには有名な「クープマンモデル」のなかから、「弱者の戦略」をおすすめします。クープマンモデルはもともと軍事シミュレーションモデルとして開発された理論ですが、マーケティングの世界でも応用されています。もちろん、婚活でも参考になります。「弱者の戦略」は、簡単にいうと差別化戦略のことです。大企業がさまざまな事業に手を広げるなか、ひとつの事業に絞って他社とは違う魅力を創造することで、小規模な企業でも大企業に立ち向かえる…という戦略です。婚活に弱者の戦略を取り入れるのならば、婚活と同時進行的にいろいろなことをやろうとせず、婚活だけに集中することで活路を開くという作戦がマッチしそうです。婚活は片手間では成功しません。「婚活が成功するまでは、遊びも飲み会も封印する!」というくらいの気概を持てば、これまでとは違った結果が出ると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「バイラル・マーケティング」です

あなたには「バイラル・マーケティング」をおすすめします。簡単にいえば、自社の商品をたくさんの人々に紹介してもらうことで広めていくマーケティング手法です。実際に買い物をしていても、「友だち紹介キャンペーン」などと銘打ち、紹介者に特典を与えることで新規顧客を獲得する方法はよく見られますよね。婚活におけるバイラル・マーケティングも、人に紹介してもらいまくるということに尽きます。単に「女の子を紹介して」というのでは、ナンパ野郎扱いされてスルーされることも多いと思いますが、「マジで婚活をしているんだ。いい人がいたら教えて」といえば、切実度が違うため意外と親身に相談に乗ってくれるものです。自分ひとりでいい人を見つけるのは限界があります。友だちでも知り合いでも、ネットワークを活用しましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたにおすすめなのは「アンバサダー・マーケティング」です

あなたにおすすめしたいのは「アンバサダー・マーケティング」です。アンバサダーとは「大使」という意味があります。観光大使とか親善大使とか、広報活動的なことに従事する人をさす言葉です。アンバサダー・マーケティングは、自社商品のファンに大使になってもらい、新規顧客に向けて宣伝してもらうような手法のことをいいます。たとえば投稿型のグルメサイトなどは、店のファンがクチコミで人を呼ぶという点で、典型的な例といえるでしょう。婚活の場合は、まず女性の友だちに「婚活をしているんだ」と相談をして、自分の大使になってもらいましょう。このとき、世話好きな人を選ぶのがポイントです。紹介を受ける女性にしてみれば、同性からの推薦のほうが信頼度が高く、とりあえず会うところまでは楽に漕ぎ着けるでしょう。最初のコンタクトがスムーズだと、トントン拍子に話が進むことも少なくありませんよ。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ