仕事&お金

お金への執着がハンパない「銭ゲバ度チェック」

13088 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金にうるさい人や、お金が好きすぎる人のことを、「銭ゲバ」なんて呼んだりしますよね。
あまり褒められた言葉ではありませんが、人間、生きている以上お金は必要ですから、銭ゲバっぽくなってしまうこともあるでしょう。

問題は、年がら年中、銭ゲバみたいになってしまう人もいるということです。
あまり銭ゲバ状態が悪化すると、お金は入ってくるかもしれませんが、友情とか信用とか、大事なものを失ってしまうかもしれません。

この診断では、あなたの銭ゲバ度をチェックし、その対処法を占ってみます。
お金が好きな人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪!

(☆他の「お金診断」は、こちら
(☆他の「執着診断」は、こちら

お金への執着がハンパない「銭ゲバ度チェック」

お金への執着がハンパない「銭ゲバ度チェック」

Q1. 自分にあてはまるものにチェックを入れてね♪

結果を見る

お金への執着がハンパない「銭ゲバ度チェック」

お金への執着がハンパない「銭ゲバ度チェック」

結果発表
銭ゲバ度120%! 足るを知らないタイプ

「ゴゴゴゴゴゴゴゴ……ッ!」と、恐ろしい地響きの音が聞こえてくるほど、あなたの銭ゲバ度はとんでもない数値が出ているようですね。銭ゲバ度はなんと120%と蒲郡風太郎も真っ青の銭ゲバ度を誇っていて、まさに「世の中、銭ズラ」を体現したかのような人でしょう。
このタイプは、資本主義社会の世の中にあっては、自分の銭ゲバスキルを総動員して成り上がろうとします。とにかく自分の欲求に忠実なので、銭だけではなく、自分のほしいものは片っ端から手に入れようとするでしょう。
あなたに必要なのは「足るを知る」という言葉です。ある程度で満足することを覚えれば、銭を得たり欲望を満たしたりするだけではなく、もっと大事なものが見えてくると思いますよ。

結果発表
銭ゲバ度80%! 銭がすべてタイプ

あなたの銭ゲバ度は80%と、なかなかシャレにならない数値が出ているようですね。銭ゲバか、そうじゃないかでいえば、間違いなく銭ゲバに該当する人です。きっと、日頃からお金が大好きで、「世の中、銭ズラ」みたいな実感を持っているのではないでしょうか。
このタイプは、お金に困って人生をくるわせる心配はなさそうですが、お金にこだわりすぎて、愛とか友情とかが、ちょっと犠牲になることもあるかもしれません。世の中、お金では買えないプライスレスなものもたくさんあります。「世の中、銭がすべてだ!」という考えを改め、せめて「世の中、銭がほとんだ!」くらいに緩和すれば、プライスレスなものもいくつか手に入るかもしれませんよ。

結果発表
銭ゲバ度60% ドケチ人間タイプ

あなたの銭ゲバ度60%と、なかなか高い数値をマークしています。お金が大好きであることは間違いありませんが、かといって「世の中、銭ずら」みたいな感じで、常に銭を追い求めている感じでもありません。あまり大金をゲットするタイプではないのですが、小銭には執着するタイプだといえるでしょう。
このタイプは、基本的にドケチで、「出すものは、ベロも出したくない」みたいなところがあります。周りには、自分のドケチぶりがバレないよう、たまにおごってあげることもあるかもしれませんが、「あのとき、いくらおごった」みたいなことを永久に覚えている執念深さを持っています。ただ、「損して得とれ」みたいな言葉もありますし、あまりドケチに徹しすぎると、かえって大事なものを失ってしまいます。多少の損は笑って済ませましょう。

結果発表
銭ゲバ度35% ちょいケチ人間タイプ

あなたの銭ゲバ度は35%と、それほど高くない数値に落ち着いたようですね。銭ゲバというほどドケチではなく、どちらかというと一般人のレベルにあるといえるでしょう。たまには、人におごったりすることもあると思います。
ただ、だからといって銭を大盤振る舞いするほどの度量はありません。あなたが銭を放出するときは、必ず何らかの見返りを求めてしまうはずです。でも、人間は生きていくために銭が必要ですから、あなたくらいのレベルでちょうどいいのかもしれません。もし今後、なにかの間違いで大金持ちになるようなことがあれば、ぜひみんなに大盤振る舞いしてあげてくださいね。

結果発表
銭ゲバ度5% むしろ浪費家タイプ

あなたの銭ゲバ度は5%と、めちゃくちゃ低い数値が出ました! 銭ゲバ度のマックス値は100ですから、ほとんど銭ゲバといえないレベルです。どちらかというと、銭をセコく溜め込むより、浪費することが多いのではないでしょうか。銭を貯めるという欲求より、物欲が勝つことが多く、なんだかんだいって無駄遣いすることが少なくないと思います。
このタイプは、資本主義社会においては経済をぐるぐる回すのに貢献しますが、なんだかんだいってお金持ちに搾取されてしまう運命にあります。あなたの場合、銭を少しずつ放出するのではなく、いっぱい貯め込んで、ドカーンと使ったほうが、身のあるものになるかもしれません。とりあえず、無駄遣いを少し抑えてくださいね。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ