性格

性格は…「ドライ or ウエット診断」

72309 Views

乾いた性格の人を「ドライ」、じめっとした性格の人を「ウエット」なんて表現することがありますよね。
対照的な両者ですが、あなたはドライ、ウエットどちらのタイプでしょうか?

自分ではなかなか分からないことですので、この診断でサクッとチェックしてみませんか?
簡単なチェック項目に答えるだけで、すぐに結果が出ちゃいますよ!

(☆他の「内面診断」は、こちら
(☆他の「思考診断」は、こちら

性格は…「ドライ or ウエット診断」

性格は…「ドライ or ウエット診断」

Q1. 自分にあてはまるものにチェックを入れてね♪

結果を見る

性格は…「ドライ or ウエット診断」

性格は…「ドライ or ウエット診断」

結果発表
あなたはカラッカラでピリッピリの超絶ドライタイプ

ひょえー! あなたはめちゃくちゃドライな人のようですね。カラッカラに乾いていて、しかもピリッピリに辛口な人です。甘いところが一切なく、自分にも厳しければ、他人にも厳しいタイプだといえるでしょう。
ただ、ウエットな人にありがちなジメジメしたところがなく、カラッとさわやかな姿勢を持っています。厳しいところは見せても、それをジメジメと引きずったりはしないため、むしろ人から信頼されることが多いでしょう。
このタイプは、リーダーシップもあるため、人の上に立つと活躍できる傾向がありますが、やりすぎるとブラック企業の鬼軍曹みたいになるので注意してくださいね。


最初からプレイする

結果発表
あなたはサバサバしたドライタイプ

あなたをドライかウェットかで分類すると、ドライにあてはまるタイプのようですね。サバサバした性格をした人で、あまりベタベタした付き合いを好みません。なにごとに対しても曖昧な態度をとることをせず、ビシッと自分の意見を話せるでしょう。
このタイプは、ちょっと誤解されやすいところもあるのですが、ウェットな人のようにジメジメした面がないため、むしろ人間関係のトラブルは少ないと思います。ただ、恋愛では淡白な対応になりがちで、相手に「自分のことをそんなにスキじゃないのかな…」なんて思わせることもありそうです。恋愛においては、もうちょっとウエッティーな対応をしてもいいのかもしれませんね。


最初からプレイする

結果発表
あなたはドライとウエットの両方の性質を持つタイプ

ふーむ…、あなたをドライかウエットで分類するのは、なかなか難しいようですね。ドライな感じでカラッと辛口になることもありますが、その反面、じんわり湿ったウエッティーな行動をとることもある人です。
このタイプは、たとえば会社での仕事上の付き合いだと、公私の線をバシッと引いて、とてもドライで合理的な行動をとったります。しかし、恋人や親友が相手のときは、暑苦しいほど親身になることもある…といった具合に、相手や状況によってドライになったり、ウエットになったりするタイプです。接する相手によって、あなたの評価は変わってくると思いますが、行動原理そのものはブレがないといえるでしょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたは寛容でスイートなウエットタイプ

あなたをドライかウエットかで分類すると、どちらかというとウエットにあてはまるタイプのようですね。ドライな人のようにカラッと乾いたところがなく、むしろ人情家のようなじんわりした優しさがあります。また、他人に対して辛口に接するのではなく、逆に寛容でスイートな甘口っぽいところがあるでしょう。
このタイプは、そのあたたかな性格から人に慕われることが多いのですが、人によってはベタベタしていると感じるかもしれません。根が寂しがり屋なので、ひとりでいるときなんかに、無性に誰かの声を聞きたくなることもあるでしょう。ドライな人とはちょっと相性が悪いかもしれませんが、基本的には仲間に囲まれて楽しく過ごすことができると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたは大阪のおばちゃんみたいな超絶ウエットタイプ

あなたをドライかウエットかに分類すると、明らかにウエットにあてはまるタイプです。ドライな人のように辛口で乾いたところがなく、むしろその正反対の甘口でじわっとあたたかいサウナみたいな人です。
このタイプは、他人と深い交流をすることを好み、ときには大阪のおばちゃんのように、他人の心にズカズカ上がり込んでいくこともあります。距離を詰めるのが早いので、たくさんの人とあたたかな交流ができる反面、ドライな付き合いを好む人からは、少しうとまれる可能性もあるでしょう。また、仲良くしていた人とケンカをしたりすると、「可愛さ余って憎さ百倍」の法則で、必要以上にジメジメ執着してしまうこともあるので注意してくださいね。


最初からプレイする


当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ