性格

意味は、感情的なさま「エモい度チェック」

16329 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「エモい」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
エモいとは、エモーショナルな状態、つまり感情が高ぶっていることを指すようです。

この診断では、あなたがエモい状態になりやすいかどうかをチェックすることができます。
自分ってエモいかも…と思ったことのある人は、ぜひチェックしてくださいね。

(☆他の「感情診断」は、こちら

意味は、感情的なさま「エモい度チェック」

意味は、感情的なさま「エモい度チェック」

Q1. 自分にあてはまるものにチェックを入れてね♪

結果を見る

意味は、感情的なさま「エモい度チェック」

意味は、感情的なさま「エモい度チェック」

結果発表
エモい度99! 情緒不安定かもタイプ

うひょー! あなたのエモい度はなんと99! ほぼマックスに近い数値が出ています。
ものすごく感情豊かで、繊細な神経をしている人です。なんでもない空をぼんやり眺めているだけでも、エモいモードに入ってしまい、一筋の涙がこぼれちゃう…なんてこともあるでしょう。
このタイプは、簡単にいうと涙もろいのですが、それだけではなく、悲しい気分になったり、感動して気分が盛り上がったりと、感情の起伏がめちゃくちゃ激しいという特徴もあります。ある意味、切り替えが早いタイプともいえますが、あまりコロコロ態度を変えると、情緒不安定なんていわれてしまうかもしれませんので注意してくださいね。

結果発表
エモい度75! 感性にしたがうタイプ

あなたのエモい度は、75となかなか高い数値が出ているようですね。感性が優れている人で、ものごとをあまり深く考えず、感覚で処理することも多いのではないでしょうか。自分の心の内側から突き上げてくるような情動を感じることも多いと思います。
このタイプは、感情豊かで、みんなの愛されキャラみたいなポジションにおさまることが多いのですが、感情にまかせて突っ走って、トラブルを巻き起こすこともあるでしょう。基本的には、感情がよい面に作用することが多いと思いますが、トラブルメーカーみたいになってしまうこともあるので、「ちょっと暴走しているかも?」なんて気持ちになったときは、自分にブレーキをかけてくださいね。

結果発表
エモい度50! ゆれる気持ちタイプ

あなたのエモい度は、50というちょうど平均レベルの数値に落ち着いているようですね。ちょっとしたことですぐ号泣してしまうような感動屋さんではありませんが、かといって、感情を表に出さないクールなタイプでもありません。
このタイプは、自分の置かれた状況によって、エモい度が上下するようなところがあります。たとえば海外を一人旅しているときは、エモい度が急上昇し、なんでもない夕日を見ただけで、ウルウルしてしまうこともあると思います。いっぽう、仕事が忙しいなどで殺伐とした気分になっているときは、エモい度が急下降して、美しい夕日を見ても、「ちっ、まぶしいな」なんて舌打ちしたりすることもあるでしょう。どちらもあなたですが、なるべく心に余裕をもつことを心がければ、感性豊かな状態をキープできると思いますよ。

結果発表
エモい度25! 平静を装うタイプ

あなたのエモい度は25という結果が出ました。マックスが100なので、ちょうど4分の1くらいの数値ですね。ちょっとしたことで感動して涙をだらだら流すようなことは、まずないタイプだと思います。
このタイプは、自分をコントロールする術をよく知っていて、公衆の面前でなにかに感動したときも、「やべっ、泣きそうだ。立て直そう!」なんて感じで即座に気持ちを切り替えて、平静を装えるタイプです。とても大人な性格をしているといえますが、ときには素直になって感情に従っても、かえって人間らしさが出ていいかもしれません。とくに、信頼できる仲間の前なんかでは、少しくらいは感情のままに振る舞うことがあってもいいと思いますよ。

結果発表
エモい度7! 鉄面皮タイプ

あなたのエモい度は、なんと7! 10段階評価ではなく、満点は100なので、とんでもなく低い数値だといえます。消費税以下の数値で、なにかにふれてエモーショナルな状態になることは、滅多にないレベルだといえるでしょう。
このレベルにある人は、みんなからクールなんていわれることが多く、口が悪い人からは「冷たい」なんて評価を受けることもあるかもしれません。しかし、決して人間味がないわけではなく、単に照れ屋で感情表現を人前でするのが苦手なだけ…ということが少なくありません。意地っ張りな面もありますが、大事な人の前では、もっと感情を丸出しにすることを増やしてもいいと思いますよ。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ