性格

無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックする診断

7587 Views

あなたには、無理だと思っているけれど、あきらめきれないことを、心のどこかに抱えていませんか?
いっそ、だれかに引導を渡してもらえれば楽になるのに…なんて考えてしまうこともありますよね。

そこでこの診断では、あなたが無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックします。
無理だと思っていることをイメージしながら、次の6つの質問に答えてみてください。

無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックする診断

無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックする診断

Q1. あなたが無理だと思っていることが、もしも叶ったとしたら、どんな気持ち?

  • やったー!
  • うれしい!
  • よかった…
  • ラッキー♪
  • ………(白目)

Q2. あなたが無理だと思っていることは、いつあきらめられそう?

  • いますぐにでも
  • 数日はかかる
  • 数週間はかかる
  • 数ヶ月はかかる
  • 数年はかかる
  • 一生諦められない

Q3. あなたが無理だと思っていることは、どれくらい無理だと思う?

  • いますぐには無理
  • すごく努力しないと無理
  • 運に恵まれないと無理
  • 天地がひっくり返っても無理
  • 奇跡に近いことが起こらないと無理

Q4. あなたが無理だと思っていることが、もしもお金を積めば叶うなら、いくらまで払う?

  • 千円くらいまでは払う
  • 1万円くらいまでは払う
  • 数万円から数十万円は払う
  • 100万円までなら払う
  • 1000万円までなら払う
  • 1億円までなら払う
  • 1億円以上でも払う

Q5. あなたは執念深い?

  • めちゃくちゃ執念深い
  • そこそこ執念深い
  • 人並みには執念深い
  • あまり執念深くない
  • むしろ執念浅い

Q6. 自分の実行力を5段階で自己評価すると?

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックする診断

無理だと思っていることが、本当に無理かどうかをチェックする診断

結果発表
あなたが無理だと思っていることは「無理よりの無理」です

うーむ、あなたが無理だと思っていることは、ずばり「無理よりの無理」のようですね。「無理より」という部分に、いけそうな雰囲気が漂ってはいますが、やっぱり無理だという残念な結果です。
「無理だと思ってはいるけれどあきらめきれない」ということの大半は、「無理よりの無理」にあてはまります。「無理より」という部分に、あきらめの悪さがにじみ出ているのです。ジタバタしても実現できそうにないことは、もう「無理」だと割り切ってしまったほうがラクになります。いったん「無理」を受け入れてから、どうするべきかを考えましょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたが無理だと思っていることは「無理難題」です

がびーん。あなたが無理だと思っていることは、「無理難題」のようですね。無理難題とは、ずばり解決が不可能な問題なこと。「解決が不可能」と言い切ってしまっているように、いまあなたが無理だと思っていることは、実現する見込みがないと考えてよいでしょう。
けっこう落ち込む結果になってしまったかもしれませんが、無理なことをいつまでも引きずるよりも、スパッと切り替えたほうが、新しい機会に恵まれやすくなります。その結果、無理だと頭を悩ませていた日々が、希望にあふれた毎日に変わることもあるでしょう。あなたの次の機会が、「無理難題」ではなく、「余裕綽々」になることを祈っています。


最初からプレイする

結果発表
あなたが無理だと思っていることは「無理を通す無理之助」です

あなたが無理だと思っていることは、「無理を通す無理之助」という結果が出ました。「無理を通す無理之助とは?」と、頭にクエスチョンマークが出ている人もいるでしょう。
無理を通す無理之助は、戦国時代の武将「縄無理之助」こと那波宗安を指します。その異名は、どんな無理でも通すという豪傑ぶりを由来としているといいます。あなたの無理も、縄無理之助のような豪傑ぶりを発揮できれば、なんとか通せるレベルにあるというわけです。そんなこと常人には無理だよ…という人は、大人しくあきらめるのが吉です。


最初からプレイする

結果発表
あなたが無理だと思っていることは「ほぼ無理」です

あなたが無理だと思っていることは、ずばり「ほぼ無理」という結果が出ました。この結果にショックを受ける人もいるかもしれませんが、そもそも「無理だと思っていること」なのですから、「ほぼ無理」という結果は必然といえるのかもしれません。
いや、この結果は、診断結果としてはまだまだ希望が持てます。「ほぼ」ということは、99%無理かもしれませんが、100%ではないからです。たった1%でも希望があるのならば、チャレンジしてみようと考える人もいるでしょう。
1%といえば、100回に1回くらいは成功する確率です。どうしてもあきらめきれないという人は、無理を承知でチャレンジしてみてはどうでしょうか。もしそれで無理だという結果が出ても、かえって納得できると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたが無理だと思っていることは「無理じゃない」です

おや? あなたが無理だと思っていることは、なぜだか「無理じゃない」という結果が出ました。この診断は、「ほぼ無理」とか「無理よりの無理」みたいな感じで、だいたいが無理っぽい結果になることが多いのですが、「無理じゃない」というのは非常にレアです。希望が持てる結果といってもいいでしょう。
しかし、なぜあなたが無理だと思っているのか、そこが問題です。あなたはちょっと、あきらめやすい傾向があるのかもしれません。簡単にあきらめてしまっては、「無理じゃない」ことも「無理」になってしまいます。あなたに必要なのは、無理を通す勇気なのかもしれませんね。


最初からプレイする


当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ