一問一答

NBAスター選手占い<12月21日はバスケットボールの日>

9873 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月21日はバスケットボールの日だそうですが、バスケットボールといえばNBAです。みなさん、NBAは好きですか?
まあ、好きじゃなければ、この占いを見ていないですよね。

NBAの魅力といえば、やっぱり2メートルクラスの巨人たちによる華麗なドリブルやパワフルなダンクでしょう。
彼らは身長や身体能力だけでなく、年棒も規格外です。年に10億円以上稼ぐようなスーパースターがごろごろいますが、日本ではそこまで認知度がありませんよね。しかしこの診断を見ているみなさんは、NBAで暴れているスター選手たちのことをよくご存知でしょう。

ここでは、そんなスター選手にたとえて、あなたの性格を診断します。あなたはだれと同じタイプだと診断されるでしょうか。好きな選手のスーパープレイでも思い浮かべながら、ぜひ試してみてください。

(☆他の「スポーツ診断」は、こちら
(☆他の「役割診断」は、こちら

NBAスター選手占い<12月21日はバスケットボールの日>

NBAスター選手占い<12月21日はバスケットボールの日>

Q1. 次のうち、一番自分に似合いそうなスポーツは?

  • バレーボール
  • フィギュアスケート
  • 総合格闘技
  • マラソン

NBAスター選手占い<12月21日はバスケットボールの日>

NBAスター選手占い<12月21日はバスケットボールの日>

結果発表
チャレンジ精神旺盛なあなたは「コービー・ブライアント」タイプ

あなたは「コービー・ブライアント」タイプ。闘争心にあふれ、負けず嫌いで、大きな目標に挑戦することに生きがいを感じる人です。夢に向かって進んでいるときは、プライベートを平気で犠牲にするストイックな面も持っています。コービーがマイケル・ジョーダンに憧れて努力を続けてきたように、あなたもNBAのレジェンド・ジョーダンのレベルを目標にがんばってみてはどうでしょうか。食中毒でフラフラになりながらも大事な試合に出て大活躍するなど、逸話に事欠かないジョーダンと同じ境地を目指すのは無謀かもしれませんが、簡単にクリアできてしまう目標だと、あなたの闘争心に火がつきません。なんでもいいので、とにかく身の丈以上のどでかい夢を見つけて精進してくださいね。

結果発表
責任感の強いあなたは「レブロン・ジェームス」タイプ

あなたは「レブロン・ジェームス」タイプ。鳴り物入りでキャバリアーズに入り、18歳にして次世代の主役候補という大きな期待を背負い、ずば抜けた成績を残し続けたレブロンのように、あなたも自分に課せられた役割をきっちりこなせる強い責任感の持ち主です。ちょっぴり傲慢なところはありますが、何事にも手を抜かない性格なので、恋愛面でも仕事面でも、良好な実績を残せるはず。普通にやっているだけでも、周りの人からも高い評価を得られるでしょう。ただ、優等生キャラはちょっとしたことで批判されてしまうので、損といえば損。レブロンも、チャンピオンリングを手にするまでは特に、プレッシャーに弱いだのなんだのと、いろいろ批判されていましたよね。周囲からの期待が重荷になるようならば、あえて残念な一面をアピールして、優等生キャラを捨ててしまうのもひとつの手かもしれません。

結果発表
奔放なあなたは「カーメロ・アンソニー」タイプ

あなたは「カーメロ・アンソニー」タイプです。乱闘で敵チームの選手を殴ったり、飲酒運転で捕まっちゃったりと、ときどき刺激的な話題を提供してくれるカーメロと同じように、あなたも奔放な気質を持っています。ルールに縛られることを嫌うこのタイプは、先生や上司に目をつけられやすいので注意が必要です。優等生タイプが遅刻しても、怒られるどころか「疲れているんだな。気にするな」と気遣われるのに、自分が遅刻すると別室に呼ばれて1時間説教される…なんて経験はないでしょうか。勉強や仕事において何よりも説得力を持つのは、やっぱり結果です。カーメロのように、結果を出していれば多少規律を破ってもなんとかやっていけます。結果を出せるまでは、ルールをしっかり守って、先生や上司のご機嫌をうかがっておきましょう。

結果発表
謙虚なあなたは「ドウェイン・ウェイド」タイプ

あなたは「ドウェイン・ウェイド」タイプ。自分の仕事を淡々とこなす人です。謙虚で協調性に優れ、自分のことよりチームのことを優先します。周りからは地味な印象を持たれがちですが、何でもそつなくこなす器用さを持っています。自分がゴールを決めるだけでなく、他人のアシストをするのも大好きなこのタイプは、控えめな性格もあいまって、能力を過小評価されやすいところがあります。いくらチームへの貢献度が高くても、数字にあらわれなければ見逃されがちです。そのため、能力の高さと出世のスピードが釣り合わない…なんてこともあり得ますが、そこはぐっとガマンして、あせらず自分のスタイルを貫いたほうがいいでしょう。自分本位になるとあなたのよさがなくなり、「ワガママな暗いヤツ」になってしまう可能性があります。腐らずにベストを尽くし続ければ、いつか必ずあなたの時代がやってくるでしょう。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ