エンターテイメント

赤ずきんちゃん、気をつけて!みんなが知ってるグリム童話のストーリー☆「赤ずきんちゃんキャラ診断」

37389 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有名なグリム童話「赤ずきんちゃん」。
可愛い赤ずきんちゃんは、お使いで森に住むおばあさんの家にお見舞い行く途中で狼に会い、狼にそそのかされ、つい道草をしてしまいます。
その狼が、先回りしておばあさんになり済まし、赤ずきんちゃんを食べようとしたところで、通りがかりの猟師が危機一髪、助けてくれる、という物語ですね。

さて、あなたはこの「赤ずきんちゃん」の登場人物でいうと誰のタイプでしょう?
あなたの性格優れているところと比較して、タイプ別のキャスティングをしてみたいと思います☆

(☆他の「童話診断」は、こちら

赤ずきんちゃん、気をつけて!みんなが知ってるグリム童話のストーリー☆「赤ずきんちゃんキャラ診断」

赤ずきんちゃん、気をつけて!みんなが知ってるグリム童話のストーリー☆「赤ずきんちゃんキャラ診断」

Q1. あなたは、家族4人暮らし。家にひとりでいるときに、大好きなりんごが一個。どうする?

  • みんなが帰ってきたら、一緒に食べようととっておく
  • 自分の分だけ食べて、残りは家族にとっておく
  • ひとくちだけ食べて、あとは家族と食べるためにとっておく
  • ぜんぶひとりで食べてしまう

Q2. バラの絵を描くとしたら、どの色がいい?

  • 赤いバラ
  • ピンクのバラ
  • 白いバラ
  • 黄色いバラ

Q3. 新聞を読むなら、どういう順番で読む?

  • 一面から順番に
  • 決まっていない
  • 文化面から
  • テレビ欄から

Q4. 友達が、あなたのありもしない噂をたてていることが判明。どうする?

  • まあ世の中いろんなことがあるのだし、あまり気にしない
  • その噂は嘘であることをみんなに誠実に伝えていく
  • 悲しくてほろほろ涙が出てきそう
  • 友達の悪い噂をたてて仕返ししてやる

Q5. 真夜中に友達から「ふられたの~」と電話。どうする?

  • 悲しいときはお互いさま。友達の気がすむまで話を聞いてあげる
  • まずは話を聞き、その後、心を癒す方法をアドバイスしてあげる
  • 友達のことが心配で仕方ないので、友達の家まで駆けつける
  • 眠いし次の日のこともあるので、「またにして」と言い電話を切る

赤ずきんちゃん、気をつけて!みんなが知ってるグリム童話のストーリー☆「赤ずきんちゃんキャラ診断」

赤ずきんちゃん、気をつけて!みんなが知ってるグリム童話のストーリー☆「赤ずきんちゃんキャラ診断」

結果発表
あなたは、心の優しいおばあさんタイプ

自分なりの生き方や人生のビジョンを持ちながらも、それを他人に押し付けることのないあなた。人生を達観していて、どんな人とも穏やかな心で接することができるあなたは、赤ずきんちゃんの「おばあさん」タイプ。性善説を信じすぎるため、ときにはひどい人からだまされたり危険な目に遭うことも。あまりに媚びてくる人のことは、警戒するほうがよさそうです。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、先を見通して行動できる猟師タイプ

観察眼に優れ、仕事も恋も先々の見通しをたてるタイプのあなたは「猟師」タイプ。何事も計画的でありながらも、アクシデントにも柔軟に対応できるしなやかな心を持っていますね。ただ、ちょっぴり自信過剰な一面も。人間、成功するときもあれば失敗するときもあります。大きな賭けに出てばかりいると、最終的に、手元に何も残らなくなってしまいますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、ピュアでアクティブ!赤ずきんちゃんタイプ

ピュアで正直モノ、優しい心を持つあなたは「赤ずきんちゃん」タイプ。とても可愛らしい一面を持っていると思いきや、冒険大好きな少年のような無防備な一面も持っています。そのアンバランスなところが、あなたの魅力。でも、周囲の人たちの助言にはちゃんと耳を傾けてみて。”石橋を叩く”くらいの気持ちで前進するほうが成功する場合もあると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、リーダー気質を秘めた狼タイプ

アクティブで猪突猛進、一度こうと決めたらあとにひかない性質のあなたは「狼」タイプ。強烈に支持してくれる人もいる反面、あなたの価値観についてこれない人もいるのでは?ときには自分とはまったく違うタイプの人たちとも交流を。世間のさまざまな価値観に触れれば、もともとのリーダー的資質を発揮できそうです。


最初からプレイする


Facebookでシェア LINEでシェア
この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ