一問一答

【画像性格占い】直感で!「大きいつづら、小さいつづら診断」

27043 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「舌切りすずめ」のお話を覚えているでしょうか?
すずめから「大きいつづら」と「小さいつづら」のどちらかを選ぶように言われ、「小さいつづら」を選んだ優しいおじいさんは金銀財宝をもらえて、「大きいつづら」を選んだ欲張りばあさんは化け物に取り憑かれてしまった…というお話です。

しかし現実社会においては、欲望のままに「大きいつづら」を選んだほうがトクをすることもあるなど、なかなか童話のようにはいきません。
あなたは「舌切りすずめ」のようなシチュエーションになったら、どのつづらを選ぶでしょうか?

この診断では、そんなシチュエーションをもとに、あなたの性格を占ってみます。
あまり深く考えず、直感で質問に答えてくださいね。

(☆他の「イラスト診断」は、こちら

【画像性格占い】直感で!「大きいつづら、小さいつづら診断」

【画像性格占い】直感で!「大きいつづら、小さいつづら診断」

Q1. あなたはすずめから、次のような4つのつづらのうち、1つをもらえることになりました。さて、どれをもらう?

  • <1>大きいつづら
  • <2>中くらいのつづら
  • <3>小さいつづら
  • <4>変なつづら

【画像性格占い】直感で!「大きいつづら、小さいつづら診断」

【画像性格占い】直感で!「大きいつづら、小さいつづら診断」

結果発表
あなたは自分に正直な天然タイプ

あなたはとても正直な人のようですね。変に先読みをすることなく、自分の思いのままに振る舞うタイプで、ある意味、天然系といえるのかもしれません。おとぎ話では、自分の欲望に素直な人はたいていヒドい目に遭いますが、現実社会ではストレートに攻めたほうが功を奏することも少なくないため、天然を武器に大成功をおさめる可能性もあるでしょう。
ただ、おいしい話にホイホイ乗ってしまう軽卒な部分もあるので、もうちょっと疑う姿勢も身につけた方がいいと思います。あまり疑いすぎてもあなたの良さが消えてしまいそうですが、変なすずめがお土産をくれるといっても、辞退するくらいの慎重さは必要かもしれません。



最初からプレイする

結果発表
あなたは中庸を愛する平凡タイプ

あなたは無難な選択を好むタイプのようですね。「松・竹・梅」という選択肢があれば、悩んだあげく間をとって竹を選びそうなタイプ。たとえば旅行先なんかでおいしい料理屋さんに入っても、せっかくだからと「並」より「上」を注文することはありますが、滅多なことでは「特上」は選ばないと思います。
このタイプは、大きな失敗はしませんが、大成功もあまり期待できない傾向にあります。平凡とか中庸という言葉が似合う人で、また本人もそういった状況に安心感を覚えます。他人より抜きん出ても、その逆に取り残されてしまってもプレッシャーを感じてしまうので、常に「ほどほど」を意識しているのが幸せかもしれません。



最初からプレイする

結果発表
あなたは世渡り上手な打算タイプ

あなたは奥ゆかしい性格をしているようですね。おとぎ話の正直じいさんのように自分を律する心を持っています。ただ、根っからの善人というわけでもなく、多少は打算的な部分が見え隠れしています。「こういう選択をしておけば、まぁ悪い結果にはならないだろう」といった計算ができる人で、ある意味、世渡り上手といえるのかもしれません。
このタイプは慎重で疑り深いところがあるため、現実社会で変なすずめが「つづらをあげる」といってきても、きっと「いえ結構です」とキッパリ辞退すると思います。「君子危うきに近寄らず」を地で行くような人なので、妙なトラブルに巻き込まれる可能性は少ないと思いますが、もうちょっと冒険する姿勢を見せてもいいかもしれませんね。



最初からプレイする

結果発表
あなたは面白いことが大好きなギャンブラータイプ

あなたは、ちょっと変わった価値観を持っているようですね。平凡とか退屈を嫌う人で、いつも面白いことがないか探しているようなところがあります。ややギャンブラー気質な面もあり、リスクをとることをあまり厭いません。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」といった状況でズカズカと虎穴に入っていき、ついでに虎の尾を踏んで帰ってくるようなところがあります。ちょっとトラブルメーカー的な面もありますが、わりとにぎやかで楽しい人生を送ることができるでしょう。
ただ、あなたのように大胆な人は、しばしば周りの人を心配させます。お父さん、お母さんをはじめ、大事な人にあまり心労をかけないように、ちょっとは気を配るようにしてくださいね。



最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ