仕事&お金

あなたに合う副業診断

5132 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近は、本業のほかにも仕事を持つ人が増えましたね。
働き方の多様化に伴い、自分もなにか副業をはじめてみようかな…なんて考えている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの診断では、あなたの性格や考え方をもとに、向いていそうな副業を探ってみます。
いますぐ副業をしたいという人はもちろん、まだ予定がない人も、先々のためにチェックしておきましょう!

あなたに合う副業診断

あなたに合う副業診断

Q1. 人と接するのは好き?

  • 好き
  • 大好き
  • 普通
  • 好きじゃない
  • むしろ嫌い

Q2. ネットを利用するのは得意?

  • 得意
  • 超得意
  • 普通
  • 得意じゃない
  • むしろ苦手

Q3. あなたはインドア派? それともアウトドア派?

  • どちらかというとインドア派
  • 完全にインドア派
  • どちらかというとアウトドア派
  • 完全にアウトドア派
  • どちらでもない

Q4. あなたは目立ちたがり屋? それとも引っ込み思案?

  • どちらかというと目立ちたがり屋
  • 完全に目立ちたがり屋
  • どちらかというと引っ込み思案
  • 完全に引っ込み思案
  • どちらでもない

Q5. 次のうち、もっとも得意な科目は?

  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会
  • 体育

Q6. 自分の「好奇心の強さ」を5段階で自己評価すると?

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

あなたに合う副業診断

あなたに合う副業診断

結果発表
あなたに合う副業は…配達人!

あなたは非常にアクティブな人のようですね。同じ場所にとどまっているのが苦手で、じっとしていると息が詰まってしまうのではないでしょうか。そんなあなたに合う副業は、ずばり配達員です。
一口に配達員といっても、郵便局の季節配達員やUber Eatsの配達パートナー、あるいはポスティングスタッフなど、さまざまな種類があります。あなたの場合、ちょっと飽きっぽいところがあるので、いろいろな配達員を掛け持ちしてみるのもいいかもしれません。金銭的な報酬以外にも、人生に役立つさまざまな気づきを得られるでしょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたに合う副業は…データ入力!

あなたは、なんでもコツコツ、じっくり取り組める人のようですね。あまり活動的なほうではなく、静かに落ち着いて暮らしたいタイプではないでしょうか。
このタイプは、副業をするときも、出勤しなければいけない仕事より、家でできる仕事がおすすめです。たとえば、データ入力の仕事などはいかがでしょうか? データ入力は地味な仕事というイメージがあり、アクティブな人からは敬遠される傾向がありますが、あなたは地味な作業でも、まったく苦にならないどころか、むしろ気をつかう部分が少ないため、気楽にこなせるでしょう。


最初からプレイする

結果発表
あなたに合う副業は…ユーチューバー!

あなたにあう副業は、ずばりユーチューバーです。興味を持ったことに深くのめりこじゃうあなたは、ユーチューブで自分の得意なことや好きなことを紹介すれば、人気者になれるかもしれません。
自分は面白いこともいえないし、見栄えする動画もつくれないし…と尻込みしている人もいるかもしれませんが、心配はご無用です。あなたがのめりこんでいることを淡々と流すだけでも動画は成立しますし、それがニッチな分野であれば、コアなファンがつくるかもしれません。副業とはいえ「仕事」と捉えると、ハードルが高いと感じてしまうかもしれませんので、まずは趣味の延長線上としてトライしてみてはどうでしょうか?


最初からプレイする

結果発表
あなたに合う副業は…WEBライター・ブロガー!

あなたからは知的な雰囲気が漂っています。好奇心旺盛で、知らないことをそのまま放っておけないタイプではないでしょうか。インプット能力に優れているだけではなく、それを人に伝えるアウトプット能力も高い人だと思います。
そんなあなたに合う副業は、ずばりWEBライター・ブロガーです。WEBライターはインターネット上のメディアが主戦場だと思われがちですが、自分でブログを書いて広告収入を得るなど、さまざまな方法で報酬をつかむことができます。まずは自分になにが書けるか、知識の棚卸しをしてみてはどうでしょうか。


最初からプレイする

結果発表
あなたに合う副業は…講師!

あなたはコミュ力が非常に高いようですね。たいていの人とは仲良くつきあうことができ、また、好感をもたれやすいタイプでもあります。
そんなあなたに合う副業は、ずばり講師です。「自分には人に教えられることなんかない」と思った人もいるかもしれませんが、別に特殊なスキルや知識を求められる分野ではなくても、講師は務まります。たとえば「友達のつくりかた」といった、あなにとっては別に教わらなくてもできることでも、世の中には教えてほしい人がいっぱいいると思います。大勢の前で教えるほか、マンツーマンを基本とするプライベート講師など、さまざまなアプローチがあるので、自分にあった方法を探ってみてはどうでしょうか。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ