趣味&興味

あなたはなに派?焼酎にたとえて性格を診断!

27253 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米や麦はもちろん、芋や粟、黒砂糖など、さまざまな原料から造られる焼酎。それぞれに特徴があって、人によって好みが分かれますよね。人間の性格も、焼酎のようにさまざまです。

そこでこの診断では、焼酎にたとえてあなたの性格を占ってみます。
お酒の席でも、やたらと異性にボディタッチする人や、何もしゃべれずに黙り込む人、仕切りたがる人や、一人で騒いでいる人……いろんな人がいますよね。酔っ払ったあなたは、自分では想像もしない行動をとっているかもしれません。ぜひこの診断で確認してみてください。

(☆他のお酒診断は、こちら

あなたはなに派?焼酎にたとえて性格を診断!

あなたはなに派?焼酎にたとえて性格を診断!

Q1. 一番好きなお酒はなに?

  • 日本酒
  • ワイン
  • ウイスキー
  • 焼酎
  • ビール
  • カクテル
  • とにかくアルコール度数の高い酒

Q2. どんな飲み会が好き?

  • いきなりカラオケボックスにGO
  • ファミレスで気軽に
  • オシャレなワインバーでしっぽり
  • 普通の居酒屋でわいわい
  • 上品なレストランで優雅な時間を
  • アウトドアでバーベキュー♪
  • 昭和の雰囲気漂う店でじっくり

Q3. 「10円を拾ったんだけど、どうしたらいい?」と小さな子どもに相談されたら?

  • めんどくさいので無視する
  • 「警察に届けたら、ご褒美に50円あげる」と、大人な対応をする
  • 「落ちているものを勝手に拾うな!」と怒る
  • 「大切なことだから、自分で考えなさい」と諭す
  • 「10円ぐらいならもらっちゃいな」とネコババを薦める
  • 「お母さんに聞いてみたら」と責任転嫁する
  • 「警察に届けよう」と正しいおこないを教えてあげる

Q4. 焼酎はどうやって飲むのが好き?

  • 器なんか気にするな!うまけりゃなんでもOK
  • 一言では答えられない
  • 大きめの器でぐいぐいストレート!
  • ソーダで割る
  • 蕎麦猪口でお湯割り
  • 湯呑でお湯割り
  • 普通の器で水割り

Q5. 生まれ変わるなら何人になりたい?

  • ボンソワ~ルなフランス人
  • やっぱり日本人
  • キザにイタリア人
  • 寄らば大国の影でアメリカ人
  • 四千年の歴史はすごいぞ中国人
  • 島国仲間だイギリス人
  • いっそ宇宙人

Q6. 酔っぱらったときの思い出で、もっとも印象的なのは?

  • 基本、なにも覚えていない
  • とにかく楽しかった
  • けっこうな醜態をさらした
  • 感動的な出来事があった
  • いろいろおいしかった
  • なぜかブチ切れてしまった
  • 酔っぱらったことがない

あなたはなに派?焼酎にたとえて性格を診断!

あなたはなに派?焼酎にたとえて性格を診断!

結果発表
あなたは柔和な米焼酎タイプ

あなたはクセのない米焼酎のように大人しく、しっとりとした雰囲気を持っています。どんなおかずにも合う炊き立てのご飯のように温かくて、周囲をほっこりさせてくれる存在。いつもニコニコと人の話を聞き、絶妙な相槌を打つので、「この人ともっと話していたい」と思わせる魅力があります。でも実は、日本酒を造ったお米の削りカスを原料にした米焼酎もあるって、知っていましたか? この診断タイプの中にも、本性を隠しておとなしいふりをしている人が結構いるかもしれません。いやいや、あなたがそうだとは言いません。でも、相当頑張って取り繕ってはいませんか? 本当はもっと大声で笑いたい、自分のことをアピールしたい、料理だってもっとお腹いっぱい食べたい!! そう思いながら、無理をしているのなら、もっと地を出しましょう。何が原料だって味が良ければいいんです。素のあなたに好意を持つ人もたくさんいると思いますよ。



最初からプレイする

結果発表
あなたは仕切り上手な芋焼酎タイプ

あなたは飲み会などで、「あなたと君はこの席ね」「まずは自己紹介からはじめましょう」などと仕切りたがるところがあると思います。初対面が集まるような飲み会でモタモタした雰囲気になると、どうしても仕切りたくなっちゃいますよね。ちょっとクセのある芋焼酎のようなあなたは、香りが強烈なので、最初は敬遠する人もいますが、存在に慣れてしまうと、とても頼りになり、いつもそばにいて欲しいと感じるようになります。とても面倒見がいいので、飲み会の幹事なんかもお願いされることが多いのではないでしょうか。芋焼酎の原料はジャガイモじゃなくて、焼くとホクホクおいしいサツマイモ。そしてあなたは、きっとサツマイモのような黄金色のものが大好きですね? 「幹事は時間も手間もかかるんだから、手数料がほしいなぁ」なんて、黄金色のものに興味を示すのはやめましょう。面倒見の良さは、無償だからこそ感謝されるのです。



最初からプレイする

結果発表
あなたは空気のような麦焼酎タイプ

大人しすぎて目立たない麦焼酎タイプのあなた。自己主張をしないので、人から嫌われることはありませんが、ときどき存在を忘れられることも…。「そういえば昨日の飲み会って、誰が来ていたっけ? 9人までは思い出せるんだけど、あと1人が思い出せなくて…」なんて会話がされたときに、思い出されない1人になりがちな人です。秘かにお皿を配ったり、こぼれたお酒を拭いたりして気を配っているのに、なぜ目立たないのでしょう…。「ど~せ自分なんて」などと拗ねてはいけません。麦は踏まれて踏まれて……踏まれて踏まれて踏まれて踏まれて踏まれて、それでやっと強くおいしくなるのです。あなたもどんどん踏まれたらいいんです。そんな健気なあなたのことを、きっと見つめてくれる人がいるはずです。



最初からプレイする

結果発表
あなたは甘い雰囲気の黒糖焼酎タイプ

濃厚で甘い雰囲気を醸し出すあなたは、黒糖焼酎タイプ。隣りに座った異性に意味深な笑顔で話しかけるなど、知らず知らずに人を惹き付ける何かを持っています。コンパの後には、「また会いたい」という連絡をもらうことが、結構多いのではないでしょうか。このタイプはとてもモテるので、恋人が切れたことがないという非常にうらましい人が少なくありません。でも、同性には苦々しい目で見られているかも……。次からコンパに呼んでもらえなくなったら大変です。仲間をさりげなく褒めたり、おいしい話を振ったりして、フォローをしておきましょう。間違っても、影で悪口をささやかれないように注意してくださいね。「黒糖みたいに腹黒い!」なんて言われたらシャレにもなりません。



最初からプレイする

結果発表
あなたはクセのある蕎麦焼酎タイプ

あなたはメリハリの効いた人というか、大きな長所を持っている半面、いくつか短所もあるようです。とても華のある人ですが、こだわりが強すぎるというか、ちょっと付き合いづらいと感じる人もいるかもしれません。でも、蕎麦の茎は赤くてちょっと強烈に見えますが、花は白くて可憐です。そば焼酎タイプのあなたは、日頃の振る舞いとは裏腹に、意外にシャイな人だと思います。とくに、好きな人の前では自分を出せない…という傾向もあるのでは? 上手く付き合いたいという気持ちはあるのですが、好きな異性の前では気づかないうちにこだわりを前面に押し出してしまうようなところが見受けられます。本当はとても優しくて爽やかな人なのに、ちょっともったいないですね。大切な人の前では、素直なあなたを見せてはいかがでしょう?



最初からプレイする

結果発表
あなたは理屈っぽい粟焼酎タイプ

稲作がはじまるず~っと前、縄文時代の中ごろから食べられてきた粟は、風や日照りに強い反面、味のクセも強い雑穀です。そんな粟からできた粟焼酎タイプのあなたは、とても芯の強い人ですが、ちょっと理屈っぽいところがあります。「ねぇねぇあなたはどう思う?」と何気なく振られた話題に、「それはこう。なぜなら…、したがって…」と、筋道を立てて説明するような理論派ですが、ちょっと場所をわきまえないようなところがあります。たとえば楽しいお酒の場では、理屈っぽい話はなるべく避けたほうがいいでしょう。粟は蒸してこねるとおいしい粟餅になります。このタイプの人は、自分を鍛えるために、あえてイジられ上手を目指してみることをおすすめします。反論したくなるのをグッとこらえて、人の主張をしっかり聞くことができれば、あなたはもっと味わい深い人になるでしょう。



最初からプレイする

結果発表
あなたは豪快で明るい泡盛タイプ

あなたは豪快で明るく、とっても楽しい人のようですね。友だちにするには最高の人材ですが、「恋人としてはちょっと……」と言われてしまうことも多いのが泡盛タイプの特徴です。「なんくるないさ~」と楽天的に構えていたら、いつまでたっても恋人なんてできませんよ。泡盛を3年以上寝かせたものは、「古酒(クースー)」と呼ばれます。気品のある香りと、スッキリした飲み口は「これが泡盛?」と驚くほど。実はあなたも同じ。古酒のように、あなたは人生経験を積むと見違えるほどに垢抜けて、品格のある人物になれる可能性を秘めています。ただ、こんなふうにアドバイスをしても、結局自分の思う通りにしかしないのが、泡盛タイプの魅力でもあります。ある意味、大器晩成型の人なので、いろいろな経験をしているうちに、きっと自分から開眼することでしょう。



最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ