一問一答

【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<女性用>

46942 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたはネットで知り合った男性とオフ会ではじめて対面することになりました。
これまで彼の顔を見たことがなく、リアルでは正真正銘の初対面になります。

あなたが待ち合わせ場所に行くと、イラストの4人の男性が立っていました。
さて、あなたの待ち合わせ相手は、誰だと思う?

この診断では、そんなドキドキのシチュエーションをもとに、あなたの性格をチェックしてみます。
あまり深く考えず、直感で選んでみてくださいね♪

(男性向けの『【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<男性用>』はこちら)
(☆他の「イラスト診断」は、こちら

【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<女性用>

【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<女性用>

Q1. あなたの待ち合わせ相手は、<1>から<4>の誰だと思う?

  • <1>
  • <2>
  • <3>
  • <4>

【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<女性用>

【イラスト性格診断】初デート!「待ち合わせ相手はだれ?」<女性用>

結果発表
あなたは、基本プラス思考の「ポジティブ女子」タイプ

<1>の男性を選んだあなたは、めちゃくちゃポジティブシンキングができる人のようですね。基本的にプラス思考でものごとをとらえるタイプで、ちょっと夢見がちな傾向もあるかもしれません。「自分には素敵なことが起こるはず!」と心から信じているようなフシがあり、周りの人から「人生そんなに甘くない」とたしなめられることもあるでしょう。
でも、本当にラッキーが訪れるのは、あなたのように心から幸福を信じられる人です。「自分には良いことなんて起こるはずがない」と思っている人は、せっかく幸福の種が落ちていても、見落としてしまうものです。あなたは幸せを見つける才能に恵まれているともいえますので、今後も前向きスタイルで、たくさんのハッピーと出会ってくださいね。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、ちょっぴり天の邪鬼な「隠れ乙女」タイプ

<2>の男性を選んだあなたは、ちょっとロマンチストなところがあるようですね。周りの友達なんかには強がりをいったりして、あまり弱い部分を見せませんが、本当は乙女チックな面もあり、心の奥底で頼れる人を求めているのではないでしょうか。素直になれない意地っ張りで天の邪鬼な傾向もあり、ときどき本心とは違う行動をとって激しく落ち込むこともあると思います。
このタイプはやや理想が高く、たとえば恋人を探すときなんかでも、なかなかお眼鏡にかなう男性が見つからないかもしれません。恋人選びに妥協は禁物ですが、あまりハードルを上げすぎると、こじらせ女子化してしまう可能性もあるので注意してくださいね。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、達観した「ひねくれ女子」タイプ

<3>の男性を選んだあなたは、ちょっと悲観的な性格をしているようですね。あまり人生について前向きにとらえることができず、「現実なんてこんなものだ…」といった諦めの境地に入っています。このタイプは自己評価も低めのことが多く、本当は磨けばピカピカ光る素材なのに、腐女子化したり毒女化したりする可能性もあります。
ちょっと世の中を斜めに見るようなところがありますが、あなたの場合、もっと素直になったほうが、いろいろな面でトクをすると思います。たとえば、もしあなたに彼氏がいないのなら、「男なんていらないし」などと思うのではなく、素敵な人と出会いたいな〜と心を開いて、周囲にもそれを公言すれば、きっと出会いがやってくると思いますよ。


最初からプレイする

結果発表
あなたは、遊び心をもった「変わり女子」タイプ

<4>の男性を選んだあなたは、非常に遊び心に富んだ人のようですね。退屈が何よりも嫌いで、いつでもドキドキ、ワクワクできることを探しているのではないでしょうか。このタイプは人とは違った価値観を持っており、趣味も独特なものがあります。サブカルチャーが好きな人も多く、一般大衆が好むメジャー路線にはあまり興味を示しません。
そんなあなたは、異性のタイプもちょっと変わっており、イケメンタレントとか人気ダンスグループのメンバーとかには、あまり食指が動かないのではないでしょうか。あなたのアンテナに引っ掛かる男子は、世間的には「ちょっと変わった人」なのかもしれませんが、周囲からの雑音にめげず、自分の本能で付き合う人を選んだほうが、きっと幸せな恋愛ができるでしょう。


最初からプレイする


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ