性格

才能は?「天才・奇才・凡才チェック」

28024 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天才、奇才、凡才…といった感じで、人の能力や素質をあらわすときに、「才」がつく言葉を使うことがありますよね。
この診断では、天才や奇才、凡才といった「才」がつく表現のなかで、あなたに似合う一言を占うことができます。

同じ才がつく言葉でも、天才と凡才では天と地ほどの差があります。
あなたはどんな「○才」が似合うのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

(☆他の「才能診断」は、こちら
(☆他の「評価診断」は、こちら

才能は?「天才・奇才・凡才チェック」

才能は?「天才・奇才・凡才チェック」

Q1. 自分にあてはまるものにチェックを入れてね♪

結果を見る

才能は?「天才・奇才・凡才チェック」

才能は?「天才・奇才・凡才チェック」

結果発表
ユニークなあなたは奇才タイプです!

あなたはちょっと変わったところがある人のようですね。世にも珍しい才能を持つ人のことを「奇才」といいますが、あなたのユニークな面は、そう呼ぶのにふさわしい価値をもっているようです。
このタイプは、凡人にはない発想力をもっていて、他人があっと驚くような大きな成果を挙げることも珍しくありません。その一方で、発想がトリッキーすぎて変人あつかいされることもあるかもしれません。ちょっと評価が両極端になりやすいタイプですが、優れた素質を持っていることには違いありません。他人のいうことを気にしすぎず、自分のセンスを信じていれば、とっても面白い人生になりそうですね。

結果発表
なんでもできるあなたは天才タイプです!

うおおお! あなたは非常に優れた頭脳と、個性的な感性を兼ねそろえた人のようですね。基本的になんでもできちゃう人で、学校の勉強なんかでも、普通にやっていれば高得点をとれたのではないでしょうか。
そんなあなたを「○才」で表現すると、やっぱり「天才」ということになります。あなたくらいのレベルになると、自分が賢いのではなく、周囲がバカに見えてしまうこともあるかもしれませんが、それは天才ゆえの感覚でしょう。あなたのような人が本気を出すと、いったいどれくらいの領域に到達するのか、空恐ろしいものがあります。その才能をひとりじめせずに、世の凡才たちのためにも使ってあげてくださいね。

結果発表
ソツのないあなたは秀才タイプです!

おおっ! あなたはとても優秀な人のようですね。なにごともソツなくこなせて、いざというときの機転もきくタイプだと思います。決して凡才ではなく、あなたのような人を「秀才」というのでしょう。
秀才といえば、ドラえもんの出木杉君のようなイメージがありますが、あなたもまさに優等生的な雰囲気が漂う人だと思います。ただ、秀才よりもワンランク上の「天才」にのぼりつめるには、あと一歩といったところ。あなたは常識人なのですが、天才はネジがぶっ飛んでいるというか、一般人とは違った思考回路を持っています。そういった思考の枠組みを飛び越えられるかどうかが、天才への大きなハードルとなるでしょう。

結果発表
ちゃっかりしているあなたは俗才タイプです!

あなたは頭の回転が早く、けっこう機転がきくタイプのようですね。いわゆる「地頭がいい」タイプで、テストの成績などにはあらわれない部分の知恵を持っている人だと思います。
そんなあなたを「○才」で表現すると、「俗才」ということになるでしょう。俗才という言葉をはじめて聞いた人もいるかもしれませんが、「世知」や「世才」と呼ぶこともあり、「世の中をうまく渡っていく知恵を持っている」という意味があります。ドラえもんでたとえると、出木杉くんみたいな秀才でもなく、のび太みたいな凡才でもなく、スネ夫みたいなタイプを指します。スネ夫なんていわれて嫌な気分になった人もいるかもしれませんが、現実社会で成功をおさめやすいのは、なんだかんだいっても彼のようなタイプです。

結果発表
常識的なあなたは凡才タイプです

うーむ。あなたはそれほど尖ったところがないようですね。あまり世間の枠から外れない常識人ともいうことができ、変な行動をとって周囲の人からドン引きされるようなことは少ないと思います。
そんなあなたを「○才」で表現すると、やっぱり「凡才」ということになるでしょう。凡才なんていわれて、ちょっと嫌な気分がした人もいるかと思いますが、むしろ世の中では凡才こそ多数派だったりします。天才とか奇才とか呼ばれる人は、それはそれで世間に理解されず、肩身の狭い思いをすることも多いと思われますので、凡才として小市民的な幸せをかみしめるほうが、なんだかんだで幸福度は高いのかもしれませんね。



この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ