性格

[エニアグラム・タイプ4 診断] 「個性的でありたい人」チェック あなたはどこまで自分を「特別」だと思っているか。

74875 Views
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エニアグラムは人間の性格を9つの基本タイプに分類するものです。あなたがどのタイプであれ、9つのタイプの要素は潜在的に併せ持っているものです。そこで、各タイプの要素が自分のなかにどれくらいあるかを調べる、エニアグラムタイプ別チェックリストを用意しました。[エニアグラム性格診断]で自分のタイプとなったところを再確認するため、また自分のタイプ以外の要素を知りたいという人も、やってみてください。

9つのタイプはタイプ1、タイプ2、タイプ3、タイプ4……というふうに数字で呼ばれています。それぞれのタイプの特徴を一言で表すと、次のようになります。

エニアグラム タイプ1[完全主義者]:理想が高く完全さを求める人
エニアグラム タイプ2[献身家]:愛情深く人のために尽くす人
エニアグラム タイプ3[目標達成者]:成功を求めて目標を達成する人
エニアグラム タイプ4[芸術家気質]:違いを求め個性的でありたい人
エニアグラム タイプ5[観察者]:人から離れて観察する人
エニアグラム タイプ6[堅実家]:安全を求め注意深く慎重な人
エニアグラム タイプ7[楽天家]:楽しみを求めて冒険する人
エニアグラム タイプ8[挑戦者]:挑戦的で己の力で突き進む人
エニアグラム タイプ9[平和主義者]:平和を愛し平穏な生活を好む人

ここではエニアグラム タイプ4について診断しましょう。タイプ4は「個性的でありたい人」「ユニークな人」「芸術家」などと呼ばれています。精神機能の働きから言うと、思考・感情・本能(身体)のうちの感情機能が優位のタイプです。タイプ4は思春期の自我を持ち続けるタイプといえます。自分をタイプ4だと思う人は多いのですが、それは誰にも思春期があったからなのかもしれません。さて、あなたの中の内なるタイプ4の要素は、どれくらいあるでしょうか?

次の質問にあなた自身に当てはまれば「はい」、当てはまらなければ「いいえ」で答え、どうしても「はい」「いいえ」で答えられない時だけ、「どちらともいえない」を選んでください。

(☆他の「エニアグラム診断」は、こちら
(☆他の「中嶋真澄」関連の診断は、こちら

心理テスト作成・監修

中嶋 真澄(なかじま ますみ)

「面白すぎて時間を忘れる心理テスト」(三笠書房)、「人には言えないホンネがわかる!おとなの心理テスト」(池田書店)他、心理テスト関連の著書多数。anan等雑誌の心理テスト特集の監修も行う。中嶋真澄ONLINE(リンク)

[エニアグラム・タイプ4 診断] 「個性的でありたい人」チェック あなたはどこまで自分を「特別」だと思っているか。

[エニアグラム・タイプ4 診断]  「個性的でありたい人」チェック あなたはどこまで自分を「特別」だと思っているか。

Q1. 自分は周りの人よりもずっと敏感で、感じやすく、傷つきやすいところがある。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q2. 過ぎ去った日々のことはみな美しい思い出としてよみがえる。たとえ、その時はつらい出来事だったにせよ。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q3. 人前では相手にどう見られているか、どう思われるかが気になり、なかなか自然にふるまうことができない。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q4. 他人の苦しみを自分のことのように感じ、自分までもが苦しくなることがある。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q5. 自分の人生には何かが欠けているように感じられる。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q6. 私がどんなふうに感じているか、なかなか周りの人には理解してもらえないし、理解できないだろうなと思う。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q7. ときどき、わけもなくゆううつになり、ふさぎ込んでしまうことがある。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q8. みんなと一緒の行動が苦手で、一人でいるのを好むが、まるっきり一人では寂しくなる。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q9. 感動してしゃべっていると、何をしゃべっていたか途中でわからなくなることがある。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q10. 自分はどこか変わっていて、変なところがあるような気がする。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q11. よく空想にふけることがあり、空想の世界では自分が主人公を演じている。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q12. ときどきふと人生のはかなさや生きることの哀しみ、死への思いにとらわれる。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q13. 気分の浮き沈みが大きく、周りの人からは気分屋だといわれる。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q14. 音楽や詩・小説、絵画などに触れていないと、自分は生きていけない感じがする。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q15. 今の自分は本当の自分ではない。世を忍ぶ仮の姿だと思う。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q16. 私が感じたとおりのことを言ったりしたりすると、周りの人から大げさだとか芝居がかっているといわれる。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q17. 大衆的なもの、通俗的なものは自分の趣味に合わない。自分はセンスがよく洗練されたものを好む。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q18. 子供のころから、家族の中で自分だけが皆と似ていない、違っていると思ってきた。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q19. 自分の悩みを打ち明けた時、「わかる、わかる」と言われると、「わかるわけないじゃない」と思う。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

Q20. あまり知られていないマイナーなミュージシャンやアーチストの作品を好む。

  • はい
  • いいえ
  • どちらともいえない

[エニアグラム・タイプ4 診断] 「個性的でありたい人」チェック あなたはどこまで自分を「特別」だと思っているか。

[エニアグラム・タイプ4 診断]  「個性的でありたい人」チェック あなたはどこまで自分を「特別」だと思っているか。

結果発表
「わたしは特別」な人

自分は普通の人とは違うという意識の強いあなたはタイプ4です。永遠の思春期を生きる人。いちばん関心があるのは自分自身。人前では恥ずかしがり屋だけれど、気位は高い。内面には揺れ動く感情の波。ときに、その感情の波に翻弄され、飲み込まれそうになる。タイプ4にとっては、 “感情&気分イコール自分”であり、そのときどきの気分や感情の赴くままに振る舞うので、はたからは「扱いにくい人」。気分屋。他人が楽しそうに談笑しているときも、隅の方でため息をつきながら、「みんな単純でいいなあ」などと思っていたりする。他人は平凡で通俗的。自分だけが特別で「選ばれた人」だと思っています。多くの人が、思春期にはこのような感じ方をするものです。つまり、タイプ4は思春期の自我状態を大人になってもキープし続ける人。思春期は誰でも詩を書いたり、作曲してみたり、絵をかいたり、芝居に興味を持ったり、人と違ったファッションで自分の個性を表現したいという欲求があるもの。詩人、小説家、ミュージシャン、アート作家。才能が発揮できればいいですね。でも、才能に乏しいタイプ4はどうしたらいいの? 平凡な生活を送ることなんて考えられない? 普通の人のような俗物的生活ではなく、表向きは「平凡な庶民」と同じような暮らしに見えても、じつは人とはちがっている洗練された趣味の世界に生きる道もあります。とはいえ、あなたは「自分はここに書かれているようなタイプではない。自分は自分で、どこかのタイプに分類されるような人間ではない」と、言いたいのかもね。

タイプ4とは、こういう性格の人です。

タイプ4の基本性格

◆性格のポジテイブな面(長所・強み)
情緒豊かで、想像力も豊か。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも感動と潤いを見出すことができます。美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところが。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとします。自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを表現することができます。それは、しばしば人の心を打つものとなるでしょう。また、人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。

◆性格のネガテイブな面(短所・弱み)
そのときどきの気分や感情に支配されやすく、気分屋で不安定な面があります。物の見方が主観的になりがちで、自分の感性に合わないものは全否定しがち。ことさら自分を特別視し、周囲の人を平凡で無個性な俗物と見なす傾向も。その一方、自分にない才能や個性を持っている人に対しては、妬みの気持ちを抱いています。ときどき、抑うつ的な気分になって、暗く自分のなかに引きこもるところも。また、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることも。自意識過剰で、自己陶酔的になりやすい面があります。いまの自分は世を忍ぶ仮の姿と思い込んでいるところも。いつまでも思春期のような自我を持ち、社会的役割や責任からはまぬがれていようとします。

結果発表
「わたしは特別でありたい」人

あなたはタイプ4の要素の多い人。しかし、タイプ4ではないかもしれません。じつは、こういったチェック式の設問で、タイプ4の要素を自己診断してみれば、自分はタイプ4になったという人は、とても多いのです。たくさんの人が自分はタイプ4だと思うといいますが、違っている場合は多いものです。思春期の自分を思い起こせば、タイプ4の感受性を自分の中に見出せるからです。ですから、あなたはタイプ4的な自我状態を経験してきてはいるけれど、本質的にはタイプ4ではなく、ほかのタイプの可能性が高いということがいえるのです。タイプ4は、永遠の思春期を生きる人。いちばん関心があるのは自分自身。人前では恥ずかしがり屋だけれど、気位は高い。内面には揺れ動く感情の波。ときに、その感情の波に翻弄され、飲み込まれそうになる。“感情&気分イコール自分”であり、そのときどきの気分や感情の赴くままに振る舞うので、はたからは「扱いにくい人」です。他人が楽しそうに談笑しているときも、隅の方でため息をつきながら、ゆううつそうな顔をし、「みんな単純でいいなあ」などと思っていたりするのです。自分だけが特別で「選ばれた人」だと思っています。多くの人が、思春期にはこのような感じ方をするものです。つまり、タイプ4は思春期の自我状態を大人になってもキープし続ける人。思春期は誰でも詩を書いたり、作曲してみたり、絵をかいたり、芝居に興味を持ったり、人と違ったファッションで自分の個性を表現したいという欲求があるもの。あなたにもそういう欲求はいくらかあるようです。

タイプ4とは、こういう性格の人です。

タイプ4の基本性格

◆性格のポジテイブな面(長所・強み)
情緒豊かで、想像力も豊か。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも感動と潤いを見出すことができます。美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところが。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとします。自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを表現することができます。それは、しばしば人の心を打つものとなるでしょう。また、人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。

◆性格のネガテイブな面(短所・弱み)
そのときどきの気分や感情に支配されやすく、気分屋で不安定な面があります。物の見方が主観的になりがちで、自分の感性に合わないものは全否定しがち。ことさら自分を特別視し、周囲の人を平凡で無個性な俗物と見なす傾向も。その一方、自分にない才能や個性を持っている人に対しては、妬みの気持ちを抱いています。ときどき、抑うつ的な気分になって、暗く自分のなかに引きこもるところも。また、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることも。自意識過剰で、自己陶酔的になりやすい面があります。いまの自分は世を忍ぶ仮の姿と思い込んでいるところも。いつまでも思春期のような自我を持ち、社会的役割や責任からはまぬがれていようとします。

結果発表
「わりあいフツーかも」の人

あなたはタイプ4の要素は比較的少ないようです。あまり気分や感情の揺れがなく、情緒的に安定しているのでしょう。自分で自分の感情をコントロールできる人なのか、あるいはもともと感受性はあまり鋭くない人なのかもしれません。自分を特別視する意識は少なそう。いずれにせよ、あなたは思春期の自我を卒業した人。それほど自分自身の内面に強い関心を持たない外向的な人という可能性もあります。タイプ4は永遠の思春期を生きる人。いちばん関心があるのは自分自身。人前では恥ずかしがり屋だけれど、気位は高い。内面には揺れ動く感情の波。ときに、その感情の波に翻弄され、飲み込まれそうになる。タイプ4にとっては、 “感情&気分イコール自分”であり、そのときどきの気分や感情の赴くままに振る舞うので、はたからは「扱いにくい人」です。他人が楽しそうに談笑しているときも、隅の方でため息をつきながら、ゆううつそうな顔をし、「みんな単純でいいなあ」などと思っていたりするのです。自分だけが特別で「選ばれた人」だと思っています。多くの人が、思春期にはこのような感じ方をするものです。つまり、タイプ4は思春期の自我状態を大人になってもキープし続ける人。でも、あなたにはそういった自意識は少なく、フツーの自分もそろそろ受け入れられるお年頃になってきたのかも。

タイプ4とは、こういう性格の人です。

タイプ4の基本性格

◆性格のポジテイブな面(長所・強み)
情緒豊かで、想像力も豊か。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも感動と潤いを見出すことができます。美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところが。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとします。自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを表現することができます。それは、しばしば人の心を打つものとなるでしょう。また、人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。

◆性格のネガテイブな面(短所・弱み)
そのときどきの気分や感情に支配されやすく、気分屋で不安定な面があります。物の見方が主観的になりがちで、自分の感性に合わないものは全否定しがち。ことさら自分を特別視し、周囲の人を平凡で無個性な俗物と見なす傾向も。その一方、自分にない才能や個性を持っている人に対しては、妬みの気持ちを抱いています。ときどき、抑うつ的な気分になって、暗く自分のなかに引きこもるところも。また、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることも。自意識過剰で、自己陶酔的になりやすい面があります。いまの自分は世を忍ぶ仮の姿と思い込んでいるところも。いつまでも思春期のような自我を持ち、社会的役割や責任からはまぬがれていようとします。

結果発表
「別にフツーだけど」の人

あなたはタイプ4の要素はほとんどなさそう。気分や感情の揺れがなく、自意識も強くありません。このテストだけでは、他のどのタイプかはわかりませんが、極めて現実的な物の見方、考え方をしている人なのかもしれません。あるいは、感受性が鈍い人なのかも。タイプ4が「普通の人」とか「俗物」とみなすタイプの人なのかも。いずれにせよ、思春期の自我はもうどこかへいってしまったのでしょう。「そんな青臭いこと言ってられないよ」ということでしょうか。タイプ4は永遠の思春期を生きる人。いちばん関心があるのは自分自身。人前では恥ずかしがり屋だけれど、気位は高い。内面には揺れ動く感情の波。ときに、その感情の波に翻弄され、飲み込まれそうになる。タイプ4は、永遠の思春期を生きる人。いちばん関心があるのは自分自身。人前では恥ずかしがり屋だけれど、気位は高い。内面には揺れ動く感情の波。ときに、その感情の波に翻弄され、飲み込まれそうになる。“感情&気分イコール自分”であり、そのときどきの気分や感情の赴くままに振る舞うので、はたからは「扱いにくい人」です。他人が楽しそうに談笑しているときも、隅の方でため息をつきながら、ゆううつそうな顔をし、「みんな単純でいいなあ」などと思っていたりするのです。自分だけが特別で「選ばれた人」だと思っています。多くの人が、思春期にはこのような感じ方をするものです。つまり、タイプ4は思春期の自我状態を大人になってもキープし続ける人。でも、あなたにはそういった要素はほとんどなさそうということ。思春期のあのナイーブな傷つきやすさと、かすかな胸のときめきを今一度、取り戻したいもの・・・・・。

タイプ4とは、こういう性格の人です。

タイプ4の基本性格

◆性格のポジテイブな面(長所・強み)
情緒豊かで、想像力も豊か。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも感動と潤いを見出すことができます。美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところが。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとします。自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを表現することができます。それは、しばしば人の心を打つものとなるでしょう。また、人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。

◆性格のネガテイブな面(短所・弱み)
そのときどきの気分や感情に支配されやすく、気分屋で不安定な面があります。物の見方が主観的になりがちで、自分の感性に合わないものは全否定しがち。ことさら自分を特別視し、周囲の人を平凡で無個性な俗物と見なす傾向も。その一方、自分にない才能や個性を持っている人に対しては、妬みの気持ちを抱いています。ときどき、抑うつ的な気分になって、暗く自分のなかに引きこもるところも。また、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることも。自意識過剰で、自己陶酔的になりやすい面があります。いまの自分は世を忍ぶ仮の姿と思い込んでいるところも。いつまでも思春期のような自我を持ち、社会的役割や責任からはまぬがれていようとします。


この記事が気に入ったらいいね!してネ
MIRRORZのフレッシュな記事をお届けします

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

TOPへ